宮城の神待ち掲示板で「神」になろう

2018年6月13日

宮城の神待ち掲示板で「神」になろう

宮城の神待ち掲示板に、神待ちの女性が続々と集まっているのをご存知でしょうか。

神待ちが「神待ち少女」だけを指す言葉ではなくなり、むしろ18歳以上の「大人の神待ち女性」のことを指す言葉になって以来、神待ち掲示板を利用する「神待ちの女性」の数は増加の一途をたどっているといっても過言ではないでしょう。

何らかの事情によって家がなくなってしまい泊まる場所がない女性、一時的な「家出」などで一夜の宿を探している女性などが、神待ち掲示板で神待ちをするという行為は今後もなくなることはないでしょうし、それは宮城の神待ち掲示板においても例外ではありません。

むしろ、例外どころではなく、宮城の神待ち掲示板は、神待ち女性たちのホットスポットにさえなりつつあると言うことができるかもしれません。

宮城の神待ち掲示板では、神待ち女性たちが「神」の登場をいまかいまかと待ち構えている状況が続いていますから、このチャンスを逃すという手はありません。

宮城の神待ち掲示板を使って、いますぐ神待ち女性の「神」になりましょう。

仙台の神待ち掲示板でワープア神待ち女性を支援

路上生活に転落しやすい仙台市において、神待ち掲示板は完全なる路上生活に陥る前の最後の砦なのかもしれません。

仙台市の神待ち掲示板を使っていて驚くのは、やはり、神待ち女性になる貧困女子が非常に多いということになるでしょう。

神待ち女性のNちゃん

ネカフェ追い出されて一文無し。おなかすいた、、、

貧困に陥る女性のなかには、高学歴の女性などが時折混じっていますが、今回の神待ち女性のNちゃんも、いわゆる「大卒」から「貧困女子」になり、そして「神待ち女性」になられたタイプの女性でした。

かなり厳しい世の中になってまいりましたが、「神待ち女性と一発ハメられればそれでよし」という感覚で生きてもいる「神」としては、「神待ち女性」の泉がつきないどころか、むしろあふれかえる現在の状況は、それはそれでありがたい、ということにもなるわけで、これはなかなか複雑です。

もちろん一発ハメられればそりゃ嬉しいわけですけれども、「神待ち女性たちに安定した生活を送ってほしい」という気持ちが完全にゼロか、というと、決してそんなことはありません。

偽善的に聞こえるかもしれませんが、私がもっと金持ちであったならば、神待ち女性たちとセックスするだけでなくて、彼女たちが神待ち女性から脱出するための万全の支援も行いたいものだと、いちおう考えてはいるわけです。

私がもし目が飛び出るような大富豪であったならば、関係した神待ち女性たちに、セックスのお礼としてマンションの一室くらいはあてがってあげたいところなのですが、関わった神待ち女性全員にそんな大盤振る舞いをする経済的余裕は、イチ労働者にすぎない私には当然ないわけで、理想は理想として打ち破られてしまうことにもなります。

それはさておき、神待ち女性のNちゃんです。「ネカフェを追い出されて一文無し」という「神待ち中の神待ち」の情報を見て食いつかない「神」はおそらく一人もいないでしょう。おそらく、Nちゃんのもとには、私以外の多数の「神」からのアプローチがあったのではないかと思われます。

そんな数多いる「神」のなかから、どういう理由であれ、私を選んでくれたのですから、「神」としてできることは、自分を選んでくれた「神待ち女性」を喜ばせることのみでしょう。

Nちゃんが追い出されたネカフェ近辺の広瀬通に向かいますと、持ち主の疲労感と歩調をあわせて疲れ切っているように見えるキャリーケースに座ってボンヤリとしている女性が眼に飛び込んできました。「Nさんですか?」という質問に、力の抜けた頷きを返してくる魂が抜けたようなNちゃんの様子を見て、これはかなり打ちのめされているな、と同情心も強まります。

「半田屋」で腹いっぱい食べてもらおうか、と思いましたが、歩きながら話をうかがっておりますと、ネカフェ難民中も「半田屋」ではちょくちょくご飯を食べていたらしいので、牛タンの「喜助」に行くことになりました。それにしても、神待ち女性の餓死を廉価で食い止めるあたり、さすがの「半田屋」といったところです。

「疲労」というものがそのまま肉体化したかのようなNちゃんも、牛タンを一切れ口に含むたびに「回復」していくようで、少しずつ明るい表情、声色が垣間見れるようになってきました。

Nちゃんとの超過セックスを経て達成感を感じる朝焼け

Nちゃんとの超過セックスを経て達成感を感じる朝焼け

Nちゃんは大学卒業後はブラック企業に就職してしまったようで、働けども働けども金がたまらないワーキングプアの苦しい状況をしばらく続けているうちに、心身を壊してしまったとのこと。退社してからも労働方面に自分を持っていくことができず、無職を続けた結果、家を追い出され、行くあてもないままにネカフェ暮らしをしはじめたばかりのようでした。

親身になってNちゃんの話を聞きながら、同時に私が考えていたのは、回復しはじめたNちゃんの愛液というテールスープをはやくすすりたいものだ、というものでもありましたが、並行してセックスのことを考えていたからといって、私の彼女に対して同情する気持ちが嘘であったというわけではありません。どちらも真剣です。

Nちゃんさえよければ、当座の目処がつくまでしばらくウチに滞在してくれても構わない、低収入でも楽しく幸福に生きていくためのいろんな知恵もあるし、そういう話もゆっくりできると思う、という話をしながら、「まあでも、今夜はホテルに泊まろうと思っているんだけど」と切り出すことも忘れません。

どうも、「神」の男性の性質である「支援」と「セックス」の、その「二重性」をめまぐるしく展開するというか、同時に出してしまうのは私という「神」の持つ特徴でもあるようです。藁をも掴む溺れる者であるところのNちゃんは、そんな二重性を隠そうともしない私の、「支援」のモザイクのなかに組み込んだ「あからさまな性交渉」に、笑いながら快く承諾してくれました。

食後、「ASIAN RESORT」に向かってからは、私の「二重性」はだんだんと薄れ、当然ながら、「セックス」一辺倒に傾いていきます。お風呂でゆっくり休んだNちゃんの上気する身体には、出会った頃の「疲労」の痕跡はもはやほとんど見当たりません。「疲労」から逃れて精神に余裕が出てきたのか、セックスは、Nちゃんのほうから積極的に始めてくれました。

打ちのめされたワープア貧困女子であるところのNちゃんも、その二十代の肉体は決して貧困ではありませんし、むしろ豊穣といってよかったでしょう。Nちゃんの透き通るような白い肌を撫で回しておりますと、肉体のホワイト企業、などというしょうもない言葉が脳裏に浮かぶ始末です。

労働においては絶対に願い下げですが、ことセックスの場面においては「超過」は大歓迎です。ブラック企業で苦しめられたNちゃんも、性の解放においては「超過」をむしろ求めるようでありまして、私のうえにまたがって騎乗位でみずから腰を振り始めたときなどは、おそらく、私が「もうやめてくれ!」などと懇願したとしても、絶対にやめてくれなかったでしょう。

私も、陰茎を挿入した状態でNちゃんの膣を突きまくることを欲しておりましたから、マグロのように横たわるのではなく、Nちゃんの健気な腰のリズムにあわせて、下からズン!ズン!と陰茎を突き上げることを忘れませんでした。

わずかな休憩を挟んではセックス、というのを何度も繰り返しているうちに、ほとんど寝る間も惜しんでハメまくった私たちのホテルの一室には朝の光が注ぎ込んできました。

その朝の光に照らされながら視線を交わしあう裸の私とNちゃんの顔は、締切ギリギリに担当作家の原稿を受け取って印刷所にかけこみ朝まで輪転機をまわして製本を続けたあとの編集者と印刷所の工員が朝日を受けながらお互いを見つめ合ったときの顔に酷似していたのではないかと思われます。

徹夜のセックスのあと、Nちゃんとは軽い同棲状態が続いていますが、彼女が神待ち掲示板を使わずに生活を立て直すきっかけをつかめるまでは面倒を見たいな、と考えております。なんといっても、支援してる間はNちゃんの極上オマ○コとハメまくれるわけですし、とふたたび私のどうしようもない「神」としての「二重性」がむくむくと顔を出したところで、筆を置くことにしましょう。

仙台の神待ち掲示板で神待ち女性と引かれ合う

神待ち掲示板の奇妙な冒険の舞台でもある仙台市のことは、本当はS市と表記したほうがよいのかもしれません。

とはいえ、神待ち掲示板で出会った神待ち女性とセックス中に超能力バトルに発展したという経験は現在のところありませんし、神待ち掲示板の利用を通して私が何らかの能力に目覚めたということもありません。

私が「弓と矢」の所有者であれば、神待ち掲示板を活動のベースにして、「神」や「神待ち女性」たちを射抜くことによって特殊能力者にすることもやぶさかではないのですが、当然ながら、というよりも、残念ながら、私は「弓と矢」の所有者でもないわけです。要するに、凡庸な市井の一市民にすぎません。

神待ち女性のSさん

同棲中のカレときまずくなっちゃってちょっと帰りたくないです。そろそろ潮時なのかなあ。

さて、仙台市内では「静かに暮らすこと」だけを目的にしている匿名性の強い小市民の私ですから、普段は性生活なども控えめに植物に似た暮らしをしているのですが、実は私は「異常性欲の持ち主」といいますか、定期的に性欲がまったく抑えられなくなる周期が訪れるのでありまして、その周期が訪れるたびに「神待ち掲示板」を利用してしまいます。

風俗などにいって手っ取り早く性欲を解消すればそれで済む話なのかもしれませんが、どうやら、私の特殊性癖が「神待ち女性というカテゴリに所属する女性とセックスをする」というものであったがために、「神」になることをどうしても避けられなかったのですね。「神待ち掲示板の利用」というのは、平穏な暮らしを求める私が抱える最大のウイークポイントともいえるでしょう。

独身サラリーマンとして派手さに欠ける、禁欲的といっても過言ではないつつましい生活をしており、あまりお金も使いませんから、「神待ち女性」のために利用するための資金は、つねに潤沢な状態で確保されております。

会社の同僚や上司、部下などは、私が神待ち掲示板を利用して神待ち女性とハメまくっている「神」であることを知りません。とはいえ、仙台市内ですから、神待ち女性と私が一緒に歩いているところなどを知人に目撃されてしまうこともあり、冷やかされることなどもあります。

しかし、その相手が「神待ち女性」であることはひた隠しにし、朗らかに笑いながら、しかし、それ以上の好奇心の侵入は徹底的に拒否するといった鉄の態度でもって「いやだなあ、私にもガールフレンドの一人や二人はいますよ」などと言ってオフィスに小さな笑いを届けることもしばしば。オーダーメイドのスーツに隠された皮膚は、というと、冷や汗でびっしょりなんですけどね。

そんな私に、今回も「神待ち女性とセックスしなければ」という周期がやってきましたので、さっそく、仙台市内の神待ち掲示板のチェックをしましたところ、上記のような、神待ち女性Sさんの書き込みが発見されました。

書き込みを見て「神待ち女性だ!」と思った瞬間に、私の異常性癖がギンギンに反応し、勃起した左曲がりの陰茎のシルエットがスラックスの膨らみとして即座に太ももの付け根あたりに可視化されてしまいます。

早速、出会いの交渉です。私は極度のイケメンといったタイプではないのですが、まあ、控えめに見ても十人並み以上の器量は持っておりますし、清潔感と洗練されたファッションセンスを持ち合わせておりますので、潤沢な資金があることをにおわせつつ写メなどをあわせて送れば、神待ち女性からOKの返事をもらえることがけっこう多いですね。

今回も、これといった障害も苦労もなく「神待ち掲示板のルーチン」といった自然さのまま交渉が成立し、神待ち女性のSさんとの出会いに到達できました。努力せず出会える、というのは「神」として「絶好調」ということの証でもあります。

Sさんのダイヤモンドオマ○コは砕けなかった

Sさんのダイヤモンドオマ○コは砕けなかった

待ち合わせ場所の仙台駅にいたSさんは、シックなモノトーンコーデに巻き髪がよく似合う落ち着いた雰囲気の女性。「同棲中のカレ」という言葉づかいからイメージしていた少し「やんちゃ」なイメージは裏切られることになりましたが、これは嬉しい誤算といったところです。

Sさんと合流してからは、イタリア料理が食べたいというSさんの希望をかなえて「ミア・アンジェラ一番町」でアモーレコースを頂くことになりました。

上質なイタリアンに舌鼓を打ちながら、Sさんの同棲中の彼氏に関する「生活感に満ちあふれた細々な愚痴」を聞いておりますと、ひとりの女性と長期的な関係を築くことへの苦手意識が強まっていくようでした。

やはり、基本的には「ひとり」でいるに越したことはないし、神待ち女性とのワンナイトセックスに限る、という感想を強めながら、嗜む程度のスパークリングワインを飲み干します。

もし、「ミア・アンジェラ一番町」のシェフが「身体の悪い部分を治す」という効果を料理に与えることができる超能力の持ち主だったなら、食後のワインを飲み干した瞬間、私のペニスがスラックスを突き破るほどの勢いではちきれんばかりに膨れ上がり、コース料理の残骸が載せられたテーブル一面を真っ白に覆い尽くすような大量射精をしていたかもしれませんが、そういったことは特になく、ほろ酔い気分のなか、「眼の前の神待ち女性と一刻はやくセックスしたいものだ」という感情とともに仄かな性欲が訪れるのみでした。

食後は、同棲相手のいる家に帰りたくないSさんを「ホテル る テラス」に連れ込みまして、お待ちかねのセックスへと突入です。

合流してから食後までに与えた印象がよかったのか、入室後の性交渉もきわめてスムーズに進行しました。いわゆる「神待ちハイ」の絶好調の状態にありましたから、無敵状態といいますか、全能感に満ちたセックスになったのではないかと思います。

セックスの相性をはかるにあたって、私は性行為中に質問攻めをしてしまう性癖があるのですが、ときおり、セックス中に私が尋ねた質問に対して、Sさんが質問で返してくるような場面も散見され、少々腹を立てたのは事実です。しかし、挿入による快楽が憤怒の感情を上回っておりましたので、激昂するほどではありません。

Sさんの手はモナリザを思わせる美しい手の持ち主でしたから、私が「手フェチ」の人間であったなら、Sさんの手を見ただけで勃起するのはもちろんのこと、手に頬釣りをしたり指をしゃぶったりしているところでしたが、あいにく私は「手フェチ」ではありませんでした。

とはいえ、そんな彼女の美しい手のなめらかな感触によって陰茎が激しくしごかれた瞬間は、今回のセックスにおける快楽のピークのひとつであったことは確かですし、彼女の美しい手によってしごかれた経験を通して「手フェチ」として開眼してしまったかもしれません。

Sさんのオマ○コに高速ピストンを開始するにあたって、激しく腰を動かす私の男性的な掛け声と、Sさんの女性的な喘ぎ声の「ぶつかりあい」の様相を呈することになり、そのお互いの単純な言葉の連呼は、やがて、見開き2ページいっぱいに展開されるほどの激しさを獲得することにもなりましたが、その壮絶な打ち合いはほぼ互角だったといってよいでしょう。

Sさんは、エクスタシーの瞬間に片方のまぶたがピクピクと痙攣する女性で、彼女のまぶたの痙攣、膣痙攣、そして、私のペニスの射精の躍動のすべてが重なり合うあのエロチックな持続時間には非常に興奮させられました

プレイ中にSさんの性格が豹変して、私のションベンたれのチ○コをひっこぬかれて内臓をぶちまけられる、というような猟奇的な出来事もなく、安穏な雰囲気のセックスのまま終わったので、それもホッとしております。

神待ち掲示板では宮城の女性たちが神を探している

神待ち掲示板を使ってみると次第に明らかになってくるのですが、宮城で神待ちをしている女性の数は想像以上に多いと言わざるを得ません。

宮城の神待ち女性たちは、神待ち掲示板で神の登場をひたすら待ちわびているのです。

傾向としては、「神待ち女性」の数に比して「神」である男性の供給が足りない状況が続いているようにも感じられます。

宮城の神待ち掲示板を使う神待ちの女性たちを放っておくわけにはいきません。

一人の男性であるという前に「神待ち女性」の「神」である私たちは、率先して神待ち女性にアプローチをしかけて、彼女たちに救いの手を差し伸べるべきなのではないでしょうか。

宮城の神待ち掲示板をさまよう神待ち女性と出会って「神」になるタイミングは今をおいて他にはないかもしれません。

宮城の神待ち女性たち

神待ち女性と泊まりたい宮城のラブホテル

宮城の神待ち掲示板で神待ち女性と出会った場合、自宅に泊めるというのもアリなのですが、個人情報漏洩や盗難被害などの危険性を考えると、ラブホテルを利用するに越したことはありません。

街中のホテルはどうしても「金・土・祝前日」の宿泊料金が割高になってしまう傾向がありますが、休日前ではない日の利用であればそれほどでもありません。仙台市での神待ちの女性との交渉は、曜日を参照しながら行うのも戦略の一つでしょう。

「金・土・祝前日」以外の利用で覚えておきたいのは、“HOTEL MUSEE 愛子店”でしょうか。これは最安値3900円ということで、宿泊料金の安さだけを見ると、仙台市のなかでも突出していると言わざるをえません。神待ち掲示板を利用するなら、ぜひとも覚えておきたいラブホテルです。

“グランドホテルプリウス”は、ラブホテルとしてのクオリティから顧みて、コストパフォーマンスが非常によいラブホテルです。様々なテーマで部屋ごとに趣向を凝らしているのが特徴です。神待ち女性用の資金に余裕があれば、ワンランク上の部屋を利用することによって、ちょっと違った雰囲気のセックスが楽しめるかもしれません。

“hotel esq”は、仙台市内のラブホテルのなかでは、個人的にもっとも評価したいラブホテルかもしれません。なんといっても、ラブホテルにありがちな俗悪さやいかがわしさを排除した洗練されたお洒落な内装が素晴らしく、神待ち女性の多くが好印象を抱いてくれます。それでいて宿泊料金がリーズナブルなのも嬉しいですね。

続いて“パティオ”ですが、これは仙台市内で神待ちの女性を抱くためのラブホテルとしては「贅の極み」といったところでしょうか。神待ち女性とやすくハメたい人にはあまり縁のないラブホテルかもしれません。

とはいえ、宿泊費を数千円上乗せするだけでこんなにも環境が違ってしまうのか、ということを知る上ではオススメのラブホテルです。一度お試しあれ。

仙台市内には「バリ島」をモチーフにしたラブホテルが何軒かありますが、そのなかで一つを選ぶとしたらやはり“アジアンリゾート”になるでしょう。

神待ち掲示板の「神」として“アジアンリゾート”において神待ち女性とセックスをするとき、神待ち掲示板を利用する男性は、シヴァ神に匹敵する破壊力と創造力を獲得することになるでしょう。

仙台市内のラブホテルについては、“ホテルカラーズ”と“NEXT”についても紹介しなければ手落ちということになるかもしれません。

この二つのホテルに共通するのは、仙台駅から非常に近くて宿泊料金が安い、ということと、設備がビジネスホテル的で無骨である、ということ。

“ホテルカラーズ”と“NEXT”は、「本来、神待ち女性とセックスするためだけのラブホテルは、このようなものではなかったか」という根源的な問題に立ち返れるラブホテルなのではないかと思います。

カワイイ女の子が集まる神待ち掲示板【8月15日版】

神待ち募集を載せている女の子が集まる人気の神待ち募集サイトを紹介します。それぞれの掲示板で異なる特徴があります。

良い方法はどの神待ち掲示板にも無料ポイントが付きますのでとりあえず無料ポイントを使って神待ち募集を出している女性を探して連絡することです。

  • 初めて神待ち掲示板を使うという方にも安心

    ワクワクメール

    【120ポイント無料】

    ワクワクメールで神待ち女の子を探すのが一番という人もいるぐらい人気のある神待ち掲示板です。

    ワクワクメールの神待ち女の子は意外と積極的という評判もあったりします。

    無料登録で遊ぶ※18禁

  • PCMAXで神待ち女の子を誘おう

    ピーシーマックス

    【100ポイント無料】

    女の子の登録者数がかなり多いPCMAX。神待ちもかなり募集が出ます。

    プチ家出娘の他にも、最初からH目的のJkなんかも募集を出していたりします。

    無料登録で遊ぶ※18禁

  • 優良サイトJメールで神待ち娘をゲット!

    Jメール

    【100ポイント無料】

    特にアダルトな雰囲気の女性が募集を出していますが、若い子も結構多いのが特徴です。

    エッチ目的の女性が比較的に多いと噂になっているのがJメールです。

    無料登録で遊ぶ※18禁