兵庫の神待ち掲示板で「神」になろう

2018年10月22日

兵庫の神待ち掲示板で「神」になろう

兵庫の神待ち掲示板に、神待ちの女性が続々と集まっているのをご存知でしょうか。

神待ちが「神待ち少女」だけを指す言葉ではなくなり、むしろ18歳以上の「大人の神待ち女性」のことを指す言葉になって以来、神待ち掲示板を利用する「神待ちの女性」の数は増加の一途をたどっているといっても過言ではないでしょう。

何らかの事情によって家がなくなってしまい泊まる場所がない女性、一時的な「家出」などで一夜の宿を探している女性などが、神待ち掲示板で神待ちをするという行為は今後もなくなることはないでしょうし、それは兵庫の神待ち掲示板においても例外ではありません。

むしろ、例外どころではなく、兵庫の神待ち掲示板は、神待ち女性たちのホットスポットにさえなりつつあると言うことができるかもしれません。

兵庫の神待ち掲示板では、神待ち女性たちが「神」の登場をいまかいまかと待ち構えている状況が続いていますから、このチャンスを逃すという手はありません。

兵庫の神待ち掲示板を使って、いますぐ神待ち女性の「神」になりましょう。

尼崎の神待ち掲示板で巨乳神待ち女性と遭遇

尼崎市の神待ち掲示板は、果たして神待ち掲示板における甲子園になりうるでしょうか。

全国の球児たちが青春と白球をおいかけて目指すあの甲子園のように、尼崎の神待ち掲示板が、神待ち女性たちが大挙して押し寄せるような神待ちの聖地として認識されていれば話もスッキリとおさまるのですが、現実はそう甘くはないようです。

では、尼崎の神待ち掲示板が閑散としているのか、というと、意外とそうでもないといいますか、むしろ活況があるといってもいいくらいなのです。

兵庫県内の神待ち掲示板において、尼崎というのは「穴場」であるわけですが、「ほとんど大阪」といってもいいような尼崎の地理的特権が、神待ち掲示板の利用層にも影響しているのかもしれません。

いまはまだ「神待ち甲子園」ではありませんが、今後、「神待ち甲子園」になりうる可能性を尼崎の神待ち掲示板は持っています。

神待ち女性のNちゃん

小銭しか残ってない。もう終わりやな

強すぎる性欲を少しでも鎮めるために、男性器と女性器の名前を交互に連呼しながらバットの素振りをするのが私の日課です。

しかし、その程度の軽い運動では私の強すぎる性欲はまったく収まってくれないのでしょう。性器の名前を叫ぶことによって、むしろ煩悩が強まるようである素振りを終えた私のペニスは、というと、振り回していた金属バットに比肩しうるほどにカチコチに勃起している場合がほとんどです。

このギンギンの勃起をおさめるには、神待ち掲示板を使って神待ち女性とセックスをするしかありません。こうして、私は、金属バットを放り投げると、スマホを手にして神待ち掲示板のチェックを猛然と始めることになるわけです。

性器の名前を叫びながらのフルスイングからのフル勃起、そして、フル勃起からの神待ち掲示板のチェック、という流れは、最近は、私のなかで一つの神待ちルーチンになってきています。そうしないと、あまり調子が出ないのは事実です。

性欲をおさめるために始めたはずの素振りも、いまでは、神待ち女性の女性器に自らのペニスを挿入するための準備として行われる素振りというような意味合いが増してきたように思います。バッティングというものが「下半身」によって支えられていることを考えれば、これは当然といえば当然の帰結であるといえます。

さて、強靭な下半身の一部であるところの金属バットペニスと、硬球と呼ぶにはあまりにも脆弱で柔らかい金玉をそれぞれもてあそびながら神待ち掲示板をチェックしておりましたところ、この神待ち女性のNちゃんの書き込みがヒットしましたので、さっそく出会いの交渉をしかけます。

金銭的に追い詰められた神待ち女性というのは9回裏2死満塁の状態で満身創痍でマウンドに立っている瀕死のエースのような存在であると言ってよいでしょう。

一方、「神」の男性は、神待ち女性が無事にストライクを投げ込めるように、マウンドで孤独を抱えているエースのもとにかけよって支援の手を差し伸べる女房役であるわけです。

実際、私の出会いの交渉は、この切羽詰まった女性がたたずむマウンドにかけよって声をかける頼もしい女房役の役割を無事に果たしたようです。

ネカフェを追い出されたものの行く宛もなく、潮江緑遊公園のベンチで途方に暮れているとのことだったので、「野球も神待ちもツーアウトからやな」という想いを新たにしながら、待ち合わせ場所に向かいました。

潮江緑遊公園に到着しますと、夕方ということもあって、遊ぶ子どもたちの姿もまばらです。黄昏時の少しさみしい雰囲気のなかで、生気が抜けた状態でベンチに座る神待ち女性はひときわ孤独で寂しく見えます。

公園の砂場に、泣きながら砂をかき集める高校球児の群れでも放り投げてやれば、彼女の静かな悲しみも騒がしい悲しみのなかに紛れたかもしれません。

全身黒のパンツルックに身を包んだ細身のNちゃんを見て、おそらくすべての男性が驚きとともに眼を向けることになるのは、彼女の細身の肉体には不釣り合いなほどの膨らみを主張する巨大な軟乳ということになるでしょう。

私が潮江緑遊公園で遊ぶ子供たちの一人であったなら、ベンチで座る彼女の黒の膨らみを横目に見ただけで、なにか尿意のようで尿意ではない不思議な「うずき」にとらわれてしまい、公園の公衆トイレに駆け込むも、その「うずき」の原因となる股間がパンツのなかでこすれてしまい、トイレに向かう道中で精通を迎えてしまい、自分のパンツが謎の白濁液で濡れてしまっていることに呆然としてしまう、というような性の目覚めを体験していたかもしれません。

Nちゃんの巨乳に挟まれた瞬間ペニスが見えなくなった

Nちゃんの巨乳に挟まれた瞬間ペニスが見えなくなった

Nちゃんの巨乳に衝撃を受け、「これからこのおっぱいを思う存分もみしだくことができるかもしれないのか」と思うと、途端に性の熱射病にやられたようになり、目眩が襲いかかってくるようでもありました。

言うまでもなく私のペニスは熱く燃えたぎるように勃起していたので、Nちゃんに挨拶するときの脱帽しての一礼が、試合前の高校球児のような角度になっていたのは、やむなき事情で「前かがみ」であることと決して無縁ではありませんでした。

尼崎駅前の「居酒屋大黒」に向かう道中、私の隣を歩くNちゃんは、その乳房のふくらみの分だけ私の前を歩くようでしたから、これがもし競馬であり、ゴール間際の写真判定に持ち込まれたならば、おっぱいが一歩先に出ていることが理由でNちゃんが先にゴールしているという覆せない判定をされたはずです。

Nちゃんの巨乳が男性に与える衝撃はすさまじく、「居酒屋大黒」に向かう道中はもちろん、入店して二人で喋っているときも、すれ違う男性などがNちゃんの巨乳に目を見開いて驚きを示す、ということが何度もありました。男性たちの股間の確認をすることはありませんでしたが、何人かのスラックスは跳ね上がったペニスによって突き破られていたかもしれません。

Nちゃんの巨乳と私の顔を見比べて、露骨に「なぜこんな巨乳と、あんなうだつのあがらなそうな男が」というような表情を浮かべる男性もおりましたので、「なぜもなにも、それは私が神待ち掲示板の『神』だからだよ」と教えてあげるべきだったかもしれません。

飲みながら話を聞いたところ、Nちゃんはかなりのギャンブル依存らしく、家を失うことになったのもギャンブルが原因とのことでした。どんなことがあってもギャンブルがあればなんとかなる、と楽観的にやっていたそうですが、ネカフェを追い出されて残金を確認してようやく自分が置かれている状況のヤバさに気づいたとのこと。

たくましいのか頭が悪いのかよくわかりませんが、神待ち掲示板を使うのも「賭け」みたいな感覚だったそうです。遠慮なく海鮮を注文するその姿から判断するに「賭けに勝った!」という感じなのでしょう。

酔いも回ってきて上機嫌に見えましたので、当面の宿泊場所と生活費などを提供することを条件に性交渉をしかけますと、しばらく悩むような感じでしたが、自分の状況を考えたら断ることもできないし、条件も悪くないと判断されたのでしょう、無事に受諾されました。

というわけで、食後は、ラブホテル「カランコロン」へと向かいます。ラブホテルの名前が「カランコロン」ではなくて「グワァラゴワガキーン」であれば最高だったのですが、こればっかりは、さすがにワガママがすぎるといったところでしょう。

Nちゃんの巨乳は脱いでも素晴らしいものがあり、単なる肥満が多い巨乳界において、Nちゃんがいわゆる「美巨乳」に属する巨乳女性であることが発覚して、口からは思わずため息が漏れ、亀頭からはカウパーが滲み出ることになりました。

巨乳相手に私が要求することといえば、パイズリ以外にはありません。Nちゃんのような細身巨乳のやわらかな双乳が相手ならなおさらパイズリを欠かすわけにはいきません。

私のペニスはNちゃんの巨乳に挟まれることによって、その姿がまるごと隠されることになりました。Nちゃんの巨乳がすごかった、ということと同じくらい、私のペニスが思ったより貧弱だった、ということは否めないでしょう。

上目遣いで乳房を上下させるNちゃんの双乳の隙間からその亀頭の先端をのぞかせる私のペニスは少年時代に戻ったようなかわいらしさを感じさせもしたほどです。もちろん、最初の射精はパイズリ狭射という形でなされることになりました。

すべてがNちゃんの美巨乳を中心にして展開されていたと思います。「カランコロン」のベッドの上は、Nちゃんのおっぱいによってそのすべてが支配されていた状態にあったのです。

私の肉体は、身体の「面」という「面」が、くまなくNちゃんの巨乳に触れること、彼女の乳房のやわらかさを実感することを求めていたように思います。それは、おそらくセックスや射精の欲望を超えていました。

もちろん、セックスへの欲望がゼロであったわけではありません。なんといっても、女性器に挿入したペニスを前後させるときにおこる「乳揺れ」こそは、巨乳と一夜を過ごすにあたってのメーンイベントでもあるからです。

実際、インサート後のNちゃんの「乳揺れ」は私の想像を超えていたと言わなければなりません。その常軌を逸した「乳揺れ」は、「おっぱいとはこんなにも波打つものであったか」と初めてピストンによって乳揺れを起こしたあの日以上の驚きを私に与えるものであったのです。

「乳揺れ」が「射精」を促すのは言うまでもありません。正直なところ、私は、Nちゃんの「乳揺れ」を眺めながらNちゃんのヴァギナというオナホールを使ってオナニーをしていただけだったように思います。

ですから、自分のオナニーの延長線上のようなセックスを終えたあとは、極力、Nちゃんに快楽を与える、Nちゃんを性的に歓喜させるような方向性のセックスを心がけました。とはいえ、やはり、愛撫の名のもとに行われる乳房への接触が、どこか、最後の最後までオナニーじみていたことは白状しなければならないでしょう。

「カランコロン」での乳圧によって全身が圧迫されるようだった快楽の一夜を終えたあとも、私は彼女に宿泊場所と生活費を提供する約束を交わしておりましたので、現在にいたるまで半同棲のような生活を送っております。Nちゃんの細身巨乳に触れなかった日は一日としてありません。

ギャンブル癖は気になりますが巨乳の魅力には抗えません。このまま本格的な同棲に入ってもいいのではないかと考えております。

神戸の神待ち掲示板に元・神待ち女性が登場

神戸の神待ち掲示板はその黎明期から使っていると思います。

神待ち掲示板における神待ちシーンも、時代にあわせて表面にさざなみのような変化がありましたが、根本的な部分は何も変わっていないように感じられます。

何度か「神」としての活動を中断することもありましたが、結局のところこうして神待ち掲示板に戻ってきてしまっていることを考えると、私という人間は、どこまでいっても「神」である自分からは逃れられそうにないようなのです。それが宿命なのでしょう。

そんなふうにして神戸の神待ち掲示板を使っていると、そのような宿命を持っているのは「神」である私だけなのだろうか、「神待ち女性」のなかにも、「神待ち女性」という宿命を引き受けて神待ち掲示板に回帰することになった女性がいるのではないか、というようなことを次第に考えることにもなります。

私の疑問に対する「答え」のような神待ち女性からの書き込みを、神戸の神待ち掲示板で見つけることになったのは、まさにそんなときです。

神待ち女性のFさん

神待ち掲示板ってまだあるんやねー!

神待ち掲示板に一度お世話になったことがある「元・神待ち女性」であることは明らかな書き込みです。「神待ち回帰」という主題に関心を持っていなかったらスルーしていたかもしれないこの書き込みに、私は強く惹かれることになりました。

交渉にあたって、もちろん、心の片隅に「セックス」という目的が香っていたことは否定できませんが、「この女性と話がしてみたい」という欲望が何よりも勝りました。

もう家もあるでしょうから泊まる場所は必要じゃないでしょうけれど、もしよかったら今でも現役の「神」であるところの私とお話しませんか、というような内容の連絡を送りますと、元・神待ち女性のFさんからの返信は好意的な感触。

二ューミュンヘンで飲む流れで手堅く出会いの交渉がまとまりましたので、身支度を整えて待ち合わせ場所の花時計前に向かいます。

さて、花時計前にあらわれた元・神待ち女性のFさんは、当たり前ですが、神待ち女性の雰囲気がまるでありませんでした。シンプルかつシックな洗練された装いには高級感が漂っておりましたし、髪の毛も明らかに美容室でセットしてもらっていることがわかりますから、神待ち女性としての要素はゼロだったとよいでしょう。

合流してすぐにニューミュンヘンに移動して、からあげとビールで神待ち掲示板に乾杯(これは、Fさんのほうから言い出してきました)し、いろいろとお話を伺います。

自分が出戻りの「神」であるということや、神待ち掲示板を利用することを宿命付けられているというような話で軽く自己紹介しまして、自分の話はほどほどに、元・神待ち女性のFさんから、神待ち女性だったころの話を拝聴することになりました。

現在23歳で夫(かなりの高収入のようです)もいるFさんですが、18歳のときに家庭の事情でとつぜんの貧困に陥った時期があったそうで、突然の貧困を前にして生計をたてる能力も極端に低く、やむをえず神待ち掲示板を利用していたそうです。

「神」の家には相当数お世話になったようで、Fさんは「あのころ神待ち掲示板と『神』がいなかったらどうなっていたかはわからなかった」と率直に語りました。

「そういう意味では、神待ち掲示板あっての今の自分なのかな」と語るFさんの表情は急激に老け込むような印象を私に与えました。

「もちろん、いい『神』ばっかりじゃなかったし、嫌な想い出も多い。「女性」の肉体を対価にして生き延びるようなときは正直つらいものがあったのだけれども、生きていくことだけが目的だったからなんとか耐えられた」と、そのように語りながら笑うFさんの顔には、どんな手段を使ってでも生き延びてみせる、と覚悟して生きてきた人のたくましさが宿っているように感じられました。

親切な「神」が、宿泊場所の提供だけでなく、就労のための支援などをしてくれたおかげで、衣食住において最低限の暮らしができる程度の安定した収入をようやく確保することに成功し、それをきっかけに、神待ち掲示板からは無事に足を洗い、そこからはすっかり縁が切れていたとのことです。

「あの『神』がいまどこで何してるかわからないけど、どう考えても恩人だよね」と語りながら懐かしむFさんに憂いの翳が差し込みます。

神待ち女性だった時期に新たに見つめ直すことになった金銭感覚で、あまり贅沢もせずにつつましい生活を送っていたところ、様々な縁が重なって夫と出会い、現在ではもったいないくらいの悠々自適な暮らしを送れているそうです。

当然ながら、いまの夫には「神」の家を転々としていた時期のことはひた隠しにしているそうで「いまのところはバレる気配もない」けれども「かつて神待ち女性だったことがバレたら一体どうなるんだろう」という漠然とした不安はあるようでした。

今回神待ち掲示板を使ったことについて尋ねると、Fさんはしばし考えた末に「魔が差したって感じかなー」と答え、そして、苦笑しながら「まあ、第二の故郷みたいなところもあるし」という冗談を飛ばし、自らの発言にやや驚くような顔をしたあと、しばし遠い眼をしたのでした。

劣悪な住宅環境の「神」の部屋に宿泊したときの辛い話、ケチすぎる「神」とすごしたときのうんざりするような神待ち体験談、ド変態の「神」からほうほうの体で命からがら逃げたときのエピソードなど、豊富な神待ち遍歴を持つFさんの神待ちトークは、とどまるところを知りませんでした。

まずありえない話ですが、サイコロトークで「神待ち掲示板を使って出会った『神』の話」という「面」が出たならば、Fさんの右に出るものはいないのではないか、と思わされるほどの神待ちエピソードの宝庫であり、「神」として「神待ち」を知り尽くしている私としても、神待ち女性の口からちょいちょい挟まれる「神待ち女性ギャグ」としか言いようがない冗談にもいちいち笑わされました。今後の「神」としてどう振る舞うべきか、という助言を受けるような場面もありましたね。

おそらく、元・神待ち女性であることをひた隠しにしている夫には話せないような部分が知らず知らずのうちに抑圧されていて、アルコールの力も借りて、また、聞き手が現役の「神」であることもあって、彼女のなかで長らく抑圧されていた「元・神待ち女性」としての部分が爆発した、という感じでもあったのでしょう。

Fさんが神待ち女性としてのルーツを快楽からたどり宿命的絶頂を迎える

Fさんが神待ち女性としてのルーツを快楽からたどり宿命的絶頂を迎える

Fさんの多種多様な神待ちエピソード、そして元・神待ち女性のその後、といった話が聞けたことで私はすっかり満足していました。正直なところ、この段階では「セックス」の「セ」の字も頭の中にはなかったと、これは自信を持っていえます。

Fさんが女性として魅力的でなかったわけではありません。むしろ、Fさんは女性としては私の好みのど真ん中を撃ち抜くようなタイプであったくらいです。

そんな魅力的な女性を前にしながら、私が「セックス」のことをまったく考えていなかったのは、Fさんがすでに神待ち掲示板から足を洗った元・神待ち女性であり現役の神待ち女性ではない、ということを私がたえず意識していたことが原因としては挙げられるでしょう。

交渉の段階でも「お酒を飲みながら神待ち時代のお話が聞けたら」というようなやりとりで交渉を成立させておりましたので、「まあ、今回は今後の神待ち活動のための取材かな」くらいの気持ちで望んでいたのも事実です。

ですから、食後に解散するような流れになったときに、Fさんが「え?」といった表情を浮かべて「あれ、もう帰っちゃうんですか?」と言ってきたときには、私も、Fさんのモノマネをするかのように「え?」という表情になってしまいました。

しかし、こういうときに思考よりも俊敏かつ正確な判断を下すのはやはり睾丸ということになるなのでしょう。理性では「この人は元・神待ち女性だ」と判断していた脳よりもはやく、私のペニスは「これはセックスできる神待ち女性だ!」と叫ぶようにして一気にフルボッキしていたのです。

私は「いやいやいやいや」と、焦慮を取り繕うような早口で「そんな、まさか、帰るわけないじゃないですか。ははは。というか、Fさんみたいな魅力的な女性を帰らせる『神』がいるはずないじゃないですか。いやだなあ」とまくしたてると、Fさんの手を強引に引っ張るようにして夜の神戸を歩き出し、一路、ラブホテル「ルネッサ」へと向かいました。

手を引かれるFさんに抵抗はなく、むしろ、Fさんの左手をつかむ私の右腕の裾を、右腕でつかんですがりつくようでさえありました。

思い返せば、会話の端々において、みずからの神待ち女性としてのエピソードを話し終えたあとの笑いが静まったわずかな沈黙の時間に、Fさんの表情になにか「ゆらぎ」のようなものがたびたび走っていたのです。

「まあ、(神待ち掲示板は)第二の故郷みたいなところもあるし」という冗談を飛ばしたあと、Fさんがなにかハッとするような表情をして軽く黙り込んだときのことも思い出されました。あれは、もしかすると、神待ち女性としての「宿命」のようなものが、Fさんに自覚された瞬間だったのかもしれません。

「ルネッサ」に入室するころには、数々の「神」が通り過ぎてきた元・神待ち女性のFさんは、現役の神待ち女性へと変貌していました。愛撫の開始とともに、Fさんは、その神待ち女性としての現役度をいや増していくようでもあったのです。

現在の夫以外の性遍歴のほとんどが神待ち掲示板を媒介に出会った「神」の男性との性行為であったFさんにとって、数年ぶりに「神」に触れられる感触というのは、どのようなものだったのでしょうか。

それは、「神」であり「神待ち女性」ではない私には想像することもできないのですが、性行為の進行とともにその喘ぎ声や身悶えが加速していくようであったFさんは、これまで「神待ち女性」として抱かれてきた自らのルーツを一つ一つの性的刺激からもたらされる快楽をもとに丁寧にたどり直しているように私には感じられました。

私としても、Fさんがルーツを全身で実感できるような快楽を与えられるように、「神」として持ちうるセックステクニックのすべてを総動員して、Fさんの性感帯を丹念に丁寧に責めたて、「神」による性的刺激をFさんの毛穴の隅々にまですりこむようなセックスをこころがけたように思います。

「神」のもとに回帰した「神待ち女性」のセックスが燃え上がらないわけはない、といわんばかりに、Fさんは私のペニスにつかれるたびに激しい嬌声をあげて悶えました。

つい先程までの、神待ちから足を洗い、高収入の夫とも出会って洗練された人妻としてセックスの気配をはねのけるようであったFさんはもうそこには存在していませんでした。

ベッド上で汗だくになりながらペニスの快楽に打ち震えているFさんの精神と肉体は、神待ち掲示板を利用して様々な「神」のもとに宿泊し、その身体をさしだして性行為をしていたあの貧困神待ち女性時代にすっかり戻ってしまっていたのです。

この「神待ち女性」にエクスタシーを与えることが、彼女の神待ち回帰に対する「神」としてできる最大の祝福となるでしょう。ピストン運動にもおのずと熱が入りました。

正常位でディープキスをしながら激しく腰を前後させ、私にしがみつくようであったFさんの身体はいよいよ絶頂へと向かっていくことになります。

ゼロ距離密着ともいえるような状態で、私はFさんの膣中にすさまじい勢いの射精をし、Fさんは、ディープキスによって口をふさがれておりましたから、くぐもったようなイキ声をあげると私を抱きしめる腕にさらに力をこめて、ビクビクビクッ!と私の身体の下で無限にも続くかのように思われる痙攣を繰り返していました。

その絶頂は神待ち女性としての「宿命」を一身に引き受けるような、悲劇的でさえある絶頂であったと私には感じられました。

「神」としては、あのとき「え?」といったFさんを厳しく突き返し、夫との安穏な日々にFさんを送り返すべきだったのかもしれません。しかし、私にも「神」としての「宿命」がありました、私個人の意思を超えた「神」としての「宿命」が私を突き動かしている以上、あのときの「え?」というFさんの表情を無視することができなかったのです。

それはFさんにとっても同様であったでしょう。「魔が差して」しまい、神待ち掲示板を利用し、軽い気持ちで「神」と出会ったことが、彼女の「神待ち女性」としての「宿命」を一気に暴き立てることになってしまったのです。

この一夜を、彼女は、やはり「魔が差しただけ」と見過ごすことになるでしょう。しかし、彼女のなかで明らかになった神待ち女性としての「宿命」は、彼女を見逃すということを決してしないはずです。

神戸の神待ち掲示板に、一人の神待ち女性が回帰するのは時間の問題であるといえます。その原因はおそらく私にありますが、私だけが彼女を神待ち女性に戻したのではなく、神待ち掲示板の大いなる意思が、彼女を神待ち女性へと引きずり戻した、と考えるべきなのかもしれません。

「カエサルのものはカエサルに、神待ちのものは神待ちに返しなさい」ということなのでしょう。

神待ち掲示板では兵庫の女性たちが神を探している

神待ち掲示板を使ってみると次第に明らかになってくるのですが、兵庫で神待ちをしている女性の数は想像以上に多いと言わざるを得ません。

兵庫の神待ち女性たちは、神待ち掲示板で神の登場をひたすら待ちわびているのです。

傾向としては、「神待ち女性」の数に比して「神」である男性の供給が足りない状況が続いているようにも感じられます。

兵庫の神待ち掲示板を使う神待ちの女性たちを放っておくわけにはいきません。

一人の男性であるという前に「神待ち女性」の「神」である私たちは、率先して神待ち女性にアプローチをしかけて、彼女たちに救いの手を差し伸べるべきなのではないでしょうか。

兵庫の神待ち掲示板をさまよう神待ち女性と出会って「神」になるタイミングは今をおいて他にはないかもしれません。

神待ち女性と泊まりたい兵庫のラブホテル

兵庫の神待ち掲示板で神待ち女性と出会った場合、自宅に泊めるというのもアリなのですが、個人情報漏洩や盗難被害などの危険性を考えると、ラブホテルを利用するに越したことはありません。

神戸市は性欲が強すぎる男女が多いのか、ラブホテルの数が非常に多いのが特徴です。

ただ単に数が多いだけならまだしも、平日休日問わず、宿泊費が良心的なラブホテルが多いというのも神戸市の実にありがたいところで、これは、もしかすると、「神待ち掲示板を使って神待ち女性とセックスせよ」という使命が神戸市全域にくまなく下されているということなのかもしれません。

宿泊費が均一かつ安い“Gallery”は、ホテルの会員になることによって、宿泊費が最高でゼロになるビンゴなども開催されています。神待ち女性とセックスしたうえで、もし宿泊費がゼロになったとしたら、まさにタダマンの極みといったところで、世界のすべてを手中に収めたといっても過言ではないでしょう。

“愛花夢六甲”、“HOTEL Vento di Rokko【HAYAMA HOTELS】”、“セントニコラス”、“アスター”、“Tee【GIFTグループ】”といったラブホテル群も、神戸市の良心的なラブホテル事情を支える格安ホテルで、神待ち女性を連れ込む場所としてどれも重宝してくれること間違いありません。

安さだけでなく、安定した設備とサービスを求めるのであれば、“ホテル六甲坂”も使いたいですね。神待ち女性もきっと満足してくれるはずです。

“ティファニー”で神待ち女性と格安セックスをキメた翌日は、神待ち女性とティファニーで朝食を食べるというのもよいでしょう。

神待ち女性との自由なセックスを楽しみたいのであれば、“ホテル リベラル三宮”を利用することによって、かなりの自由度が保証されます。

神待ち女性とのセックスを通して、ある種の法悦状態に突入したいのであれば、“ホテル トランス三宮”を使ってトランス状態を体験するに越したことはありません。

「セックス」というよりも「おセックス」と言わざるをえない上品なセックスを堪能したいのであれば“HOTEL CHIC”でシックな一夜を過ごすのがベストですし、「神待ち女性」と「神」同士の関係でありながら処女と童貞のような純粋さに満ちたセックスをしたいのであれば“PURE”の利用が外せません。

“ホテルマヤ”で神待ち女性とセックスするときは、神待ち女性のマ○コの採掘中に、膣中から、古代のセックス技術ではとても説明がつかないような神秘的なオーパーツを発見することになるかもしれません。

“ジュエル・エレガンス神戸”では、神戸市の神待ち女性のオマ○コが宝石のごとく優雅に輝きをはなつさまを目撃することになるでしょう。

兵庫, 近畿

Posted by admin