新潟の神待ち掲示板で「神」になろう

2018年10月22日

新潟の神待ち掲示板で「神」になろう

新潟の神待ち掲示板に、神待ちの女性が続々と集まっているのをご存知でしょうか。

神待ちが「神待ち少女」だけを指す言葉ではなくなり、むしろ18歳以上の「大人の神待ち女性」のことを指す言葉になって以来、神待ち掲示板を利用する「神待ちの女性」の数は増加の一途をたどっているといっても過言ではないでしょう。

何らかの事情によって家がなくなってしまい泊まる場所がない女性、一時的な「家出」などで一夜の宿を探している女性などが、神待ち掲示板で神待ちをするという行為は今後もなくなることはないでしょうし、それは新潟の神待ち掲示板においても例外ではありません。

むしろ、例外どころではなく、新潟の神待ち掲示板は、神待ち女性たちのホットスポットにさえなりつつあると言うことができるかもしれません。

新潟の神待ち掲示板では、神待ち女性たちが「神」の登場をいまかいまかと待ち構えている状況が続いていますから、このチャンスを逃すという手はありません。

新潟の神待ち掲示板を使って、いますぐ神待ち女性の「神」になりましょう。

新潟駅の神待ち女性との出会いを早いもの勝ちでゲット

神待ち掲示板に突発的にあらわれる神待ち女性は「早いもの勝ち」の案件であって、神待ち掲示板を見ていたタイミングという「運」に左右されることも多いです。

新潟の神待ち掲示板を開きましたら、こんな書き込みがいきなり出てきました。

神待ち女性のIさん

今日帰宅できないかも。新潟駅で会える「神」募集中!誰かきて~

当然ながら、慌てて出会いの交渉にとりかかりました。神待ち掲示板を開いてからアポの交渉を開始するまで、へたすると10秒もかかってなかったんじゃないでしょうか。

神待ち女性のIさんからの返事も迅速で、トントン拍子で話が進んでいき、あっという間に交渉成立です。

神待ち掲示板を使いはじめてもう何年にもなりますが、今回の出会い交渉の成功は、過去の最速記録を更新したのではないかと思われます。

待ち合わせ場所の新潟駅にかけつける速さもなかなかのものだったと自負しているのですが、神待ち女性のIさんは「けっこう待たされた」という感覚が強かったようで、すさまじい「せっかちさん」である、という印象を抱きました。

Iさんは、天敵のような親戚が実家を訪ねてきていることを家族からの連絡で知り、急遽予定を変更して神待ち掲示板を利用したとのことでした。

それ以上踏み込んだ詳しい話は聞きませんでしたが、「人」が「神待ち女性」になってしまう「家に帰れない事情」というのは色々あるものだなあ、と改めて神待ち掲示板の懐の広さのようなものを感じた次第です。

ボブヘアーがよく似合うIさんは爽やかでサバサバした話し方をする女性だったのですが、耳にびっしりとあけられたピアスに、ほんのりと「心の闇」のようなものを感じ、その「心の闇」も神待ち掲示板の利用に一役買っているのでは、と想像しました。いや、単にバンギャだったのかもしれませんが。

食事の話になりますと、「バスセンターの立ち食いそば屋でカレーを食べたい」という提案があり、ここでもIさんのせっかちな性格が垣間見れたように思います。

バスセンターのカレーは美味しいからいいんですけれど、神待ち女性と立ち食いするということは想定しておりませんでしたので、なんだか珍妙な感覚になったことは確かです。

段々と「この調子ではセックスの方もせっかちに済まされてしまうのではないか」という懸念も生じて先行きが暗くなっていきます。

神待ち女性のIさんの寸止めセックスがすごすぎて昇天

神待ち女性のIさんの寸止めセックスがすごすぎて昇天

ところが、ラブホテル「このゆびと~まれ」に入っていざセックスを始めてみると、その懸念が杞憂にすぎなかったことが明らかになりました。

出会いの交渉から食事まで、様々な局面で「せっかち」だったあのIさんが、セックスの場面においてはこれ以上ないほどの「ねちっこさ」と「辛抱強さ」を発揮する「気が長い女」に一変したのです。

自分は、どちらかというと射精しやすいタイプの「神」なのですが、Iさんの寸止めのテクニックは超一流で、イキたくてもイケない、イカせてもらえない、という状態が延々と続けられることになりました。

エクスタシーまでの道のりが永遠に引き伸ばされるようなIさんのフェラチオ、手コキ、腰の動きによる「寸止め地獄」は、きたる射精に備えて順調に快楽を蓄積させていきます。

最終的に、私のペニスの状態は、ちょっとそよ風がふいたくらいのことでも「ビクビク!」と快楽にふるえるほどになっていましたし、繰り返される寸止めによって、段々と指先もしびれてくるようでありました。

性のイニシアチブと金玉をIさんに完全に握られ、射精コントロールされてしまった「神」の私にできることといえば、「懇願」のみです。

「神」が泣き出しそうな顔で「神待ち女性」にイカせてくれ、と頼むなどというのは、「神」という言葉に相応しくない行動であり、まったく情けない限りなのですが、私の思考が「脳」ではなく「睾丸」によって支えられている以上、こればっかりは仕方ありません。

私の数回の「懇願」も、Iさんによって「焦らされる」ことになり、そう簡単に受け入れられることはありませんでした。

私ははやくイカせてほしかったので、そのイカせる方法などはすでにもうどうでもよかったのですが、いざイカせるという段階になったときに、ふと「口と手とオマ○コと、どれでイキたい?」などと悠長に聞いてさらなる「引き伸ばし」をされたときは、絶望にも似た感覚にも陥ったものです。

とはいえ、口でイカせることに決めてから射精までは、とにかく高速でした。じゅぼじゅぼじゅぼと激しく音をたてながらするフェラチオは、大胆なだけでなく繊細な舌使いとともに私の寸止め調教済みのペニスを責めたて、射精の瞬間は、光によって全身が焼き尽くされるような途方もない快楽を味わうことになりました。

しかし、恐ろしかったのはこのあとです。Iさんは、私が射精をしたあともそのフェラチオの手を(というより口ですが)決して緩めず、むしろ、より高速に、じゅぽじゅぽと顔を前後させたのです。

イッたばかりで敏感になっていた私のペニスは休む隙を与えられないままに精を搾り取られつづけました。正直、腎虚、あるいは、快楽の連続による心不全などの命の危機を感じたほどです。

私がどれほどイカされたのか、自分では把握することができませんでしたが、フェラチオが終わったあとしばらく動けなくなり、「精も根も尽き果てる」という言葉を全身で実感しながら横たわることしかできませんでした。

セックスが終わると、途端に、またせっかちなIさんに戻りました。ラブホテルから出たあとの別れ際なども、「そんなに急がなくたっていいのでは」と思わず笑ってしまうほどの迅速な去り方だったのです。

新潟市内の神待ち掲示板でネカフェ難民の神待ち女性を発見

新潟市内の散歩中、万代橋の真ん中あたりに差し掛かった瞬間、唐突にセックスがしたくなったのは、NTT東日本万代橋ビルの塔から発信される「神待ち女性とセックスせよ」という怪電波を受信したからなのかもしれません。

万代橋の欄干にもたれ、すべての生命がそこから産まれてきた場所である「海」へとそそぎこむ信濃川の雄大な流れに身を任せるようにして、神待ち掲示板のチェックをはじめました。

「海」が「神待ち女性のオマ○コ」、「川の流れ」が「私が放つ一億の精子」にそれぞれ対応している、ということは改めて言う必要もないほどに明らかでしょう。

神待ち女性のOちゃん

ネカフェから追い出されるのも時間の問題、、、

このような書き込みは、神待ち掲示板という「巨大な川」における「黄金の一滴」であるといってよいでしょう。この「黄金の一滴」を一息に飲み干すことによって、「人」は「神」へと生まれ変わることができるのです。

そして、この「黄金の一滴」という言葉は、当然ながら、「神待ち女性のオマ○コから滴り落ちる愛液」をさす言葉でもあるわけです。

私の喉は、急激な「渇き」に襲われました。いますぐにでも神待ち女性の愛液を飲んで、この「渇き」をなんとかしなければなりません。出会いの交渉にもおのずと熱が入ろうというものです。

新潟駅前の自遊空間で数日ほどネカフェ難民をしているというOちゃんとの交渉は、これといった抵抗もなくスムーズに進行しました。「切羽詰まっている神待ち女性の魅力は、『出会い』までの話がとにかく早いことだ」と改めて実感させられます。

万代橋から自遊空間まではほとんど距離がありませんから、急いでOちゃんのもとへと駆けつけました。「神待ち女性のもとへと駆けつける早さ」というのは、「神」の男性にとっては、「話が早い神待ち女性」に対する最低限の礼儀のようなものといえるでしょう。

自遊空間前に到着した旨を伝えますと、ビルの暗い入り口から、ボーダー柄のカットソーを着たかわいらしい女の子が、キャリーケースを転がしながらとぼとぼと出てきました。

その疲れ切った表情は、連日のネカフェ生活の証であり、さながら「神待ち女性」という看板が顔にかかげられているようでもありました。

カエル口の女性を見ると興奮してしまう性癖を持っているので、Oちゃんの顔はまさにセックスの好みのど真ん中でしたね。Oちゃんに挨拶すると同時に、「ギュンッ」という音がきこえてくるような激しい勃起をしてしまったことについては、正直に白状しなければならないでしょう。

隠れ巨乳のOちゃんのパイズリ狭射が気持ちよすぎた

隠れ巨乳のOちゃんのパイズリ狭射が気持ちよすぎた

Oちゃんとは、「みかづき」で、新潟のB級グルメ「イタリアン」を食べることになりました。

Oちゃんは「ホワイトイタリアン」、私は「カレーイタリアン」をそれぞれ注文したのですが、カエル口のOちゃんの口元に「ホワイトイタリアン」の「ホワイトソース」が運ばれて飲み込まれていくその光景は、ほとんどフェラチオであり、顔射でもあったと思います。

ほとんどフェラチオである食事をするOちゃんの顔を見ていたら、私のホワイトソースも暴発するようにして飛び出してしまいそうだったのですが、公共のスペースですから、強い意志でもって射精を我慢します。

射精を我慢するためにかなり険しい顔をしていたことをOちゃんに心配されたのですが、これに関しては、カレーイタリアン(甘口)の「辛さ」を言い訳にして乗り切りました。

唇に付着したホワイトソースを舌で舐めとるOちゃんなどを見続けたせいで、私の性欲はもはや限界を迎えておりましたから、店を出ますと、少しでも早くセックスができるように、タクシーを拾って「HOTEL LA CASA」へと向かいます。

連日のネカフェ暮らしで疲れていたOちゃんは、ホテルの雰囲気に「癒やし」の感覚があったようですが、一方の私は、というと、柳都の伝統をコンセプトにつくられた「HOTEL LA CASA」の雰囲気を味わう余裕もないほどに性欲が強まっておりました。

カットソーを着ていたときは身体のラインがよくわからなかったのですが、いざ服を脱いでみると、Oちゃんがなかなかの隠れ巨乳であることが判明し、これにはたいへん驚かされました。

このような巨乳ちゃんを前にしてしまうと、どうしてもパイズリで射精させてもらわなければ気が済まなくなります。

Oちゃんのおっぱいに「挟み撃ち」されることによるパイズリの快楽がどれほど強烈なものだったか、私がどれほどパイズリの気持ちよさに震えたかについては、どのような言葉を重ねても、おそらく伝えることができないでしょう。

Oちゃんのパイズリによって、彼女の乳房の隙間から先端だけが飛び出した陰茎からは大量の精液が勢いよくほとばしり、Oちゃんの顔面を白く染めることにもなりましたが、そのときのOちゃんの顔面のエロさは「ホワイトイタリアン」を食べていたときのOちゃんのエロさとは比較にならないものでした。

その顔を見て、射精したばかりだというのに、またすぐにギンギンに勃起してしまい、勃起回復力に驚くようであったOちゃんは、生来のチンポ好きとしての本性が出たのか、唇周辺の精液を舌でなめとってから、私の陰茎にむしゃぶりついたのです。

それからのメチャクチャなセックスについては「神」としてこれ以上ないような至福と快楽を味わうセックスだった、と記述することにとどめて、多言は控えるべきでしょう。

ラブホテルを出たあともネカフェ難民生活が続きそうだったOちゃんとの関係がどうなったかというと、実は私の「神部屋」にしばらく滞在してもらっています。当然ながら、毎晩セックスしまくっております。

あのとき、橋の上で「神待ち掲示板を使う」という正しすぎる選択をしたおかげで、セックスにまったく困らない暮らしを悠々自適におくっているというわけです。

神待ち掲示板では新潟の女性たちが神を探している

神待ち掲示板を使ってみると次第に明らかになってくるのですが、新潟で神待ちをしている女性の数は想像以上に多いと言わざるを得ません。

新潟の神待ち女性たちは、神待ち掲示板で神の登場をひたすら待ちわびているのです。

傾向としては、「神待ち女性」の数に比して「神」である男性の供給が足りない状況が続いているようにも感じられます。

新潟の神待ち掲示板を使う神待ちの女性たちを放っておくわけにはいきません。

一人の男性であるという前に「神待ち女性」の「神」である私たちは、率先して神待ち女性にアプローチをしかけて、彼女たちに救いの手を差し伸べるべきなのではないでしょうか。

新潟の神待ち掲示板をさまよう神待ち女性と出会って「神」になるタイミングは今をおいて他にはないかもしれません。

神待ち女性と泊まりたい新潟のラブホテル

新潟の神待ち掲示板で神待ち女性と出会った場合、自宅に泊めるというのもアリなのですが、個人情報漏洩や盗難被害などの危険性を考えると、ラブホテルを利用するに越したことはありません。

新潟市は神待ち掲示板で出会った神待ちの女性とラブホテルに一泊してセックスをするための街なのではないか、と思わされることがあります。

その理由は、新潟市のホテルの宿泊費の安さにあります。

ラブホテルというのは金曜日や祝日の前日などの休日前には料金が跳ね上がり、宿泊代が1万円を超える場合が多いのですが、新潟市でのラブホテルに関しては、ラブホテルの持つそのような傾向がだいぶ抑えられている印象が強く感じられます。

神待ち女性とのセックスを考えると日~木曜日にアタリを絞って神待ち掲示板を使うことになるのですが、新潟市のラブホテル事情を顧みると、このような気遣いは不要であるように思います。

365日、24時間、神待ち女性とセックス!これが新潟市での神待ち掲示板における強みですね。

お得な新潟市のホテルのなかでも、まずオススメなのは“ホテルムスク”です。“ホテルムスク”を使えば、神待ち用の資金のうちの「宿泊費」をかなり抑えることができますから、その浮いたお金で、神待ち女性に美味しいご飯などを振る舞ってあげるとよいでしょう。

“ホテル月とうさぎ”も、ほぼ同じ理由でオススメの格安ラブホテルです。“ホテル月とうさぎ”で神待ち女性とセックスする満月の夜は、「きね」で「おもち」をつくウサギのシルエットも、ピストン運動により「陰茎」で「膣」をつくウサギのシルエットに変貌していることでしょう。

新潟市内は宿泊費が安いホテルの激戦区ともいえますが、“ベニス”もそのうちの一つです。“ベニス”の宿泊費の良心的な安さを前にすると、「ヴェニスの商人」の内容を全面的に書き換える必要があるのでは、とついつい思わされてしまうほどです。

“ホテルエンペラー”の存在も忘れてはなりません。歴史を眺めておりますと皇帝が神格化されることがありますが、神待ち女性と“ホテルエンペラー”とセックスするときの「神」の男性は、その一夜限りの濃厚セックスの場面において、神格化された皇帝として振る舞うことになること間違いなしです。

最後に、“ホテルビオラ”ですが、ここは新潟駅からのアクセスのよさと宿泊費の安さが群を抜いているラブホテルですから、確実におさえておきたいところです。新潟市内での神待ち女性とのセックスは“ホテルビオラ”を本拠地にすることで、かなり効率がよくなるのではないかと思われます。

中部, 新潟

Posted by admin