山梨の神待ち掲示板で「神」になろう

2018年10月22日

山梨の神待ち掲示板で「神」になろう

山梨の神待ち掲示板に、神待ちの女性が続々と集まっているのをご存知でしょうか。

神待ちが「神待ち少女」だけを指す言葉ではなくなり、むしろ18歳以上の「大人の神待ち女性」のことを指す言葉になって以来、神待ち掲示板を利用する「神待ちの女性」の数は増加の一途をたどっているといっても過言ではないでしょう。

何らかの事情によって家がなくなってしまい泊まる場所がない女性、一時的な「家出」などで一夜の宿を探している女性などが、神待ち掲示板で神待ちをするという行為は今後もなくなることはないでしょうし、それは山梨の神待ち掲示板においても例外ではありません。

むしろ、例外どころではなく、山梨の神待ち掲示板は、神待ち女性たちのホットスポットにさえなりつつあると言うことができるかもしれません。

山梨の神待ち掲示板では、神待ち女性たちが「神」の登場をいまかいまかと待ち構えている状況が続いていますから、このチャンスを逃すという手はありません。

山梨の神待ち掲示板を使って、いますぐ神待ち女性の「神」になりましょう。

甲府の神待ち掲示板に神待ち放蕩娘が帰還

桃源郷にもたとえられる山梨において、ぶどう、もも、すももなどといった果物たちよりも濃厚な味わいを持つのは、やはり、神待ち掲示板に集まる神待ち女性の女体ということになるでしょう。

山梨における神待ち掲示板は、もぎたての女体をその場で味わえる神待ち女性狩りの様相を呈しているといっても過言ではありません。

神待ち掲示板に一歩足を踏み入れれば、鼻腔を刺激するのは、むせかえるような神待ち女性たちからのセックスアピールの香り。

クンカクンカと「神」の嗅覚を存分に発揮しながら甲府市の神待ち掲示板の書き込みを検索していたら、さっそく食べごろの熟れた神待ち女性がヒットしました。

神待ち女性のUさん

いい年して情けないのですが、父親と喧嘩して家を追い出されました。誰か泊めてください。

山梨といえば「ほうとう」が有名ですが、山梨の神待ち掲示板における「ほうとう」は、「餺飥」ではなく「放蕩」なのですし、「放蕩息子」ではなく「放蕩娘」ではありますが、「神」としては、「放蕩」を繰り返した「子」にあわれみを感じてしまう、という、「放蕩息子のたとえ話」を地で行くような活動をついつい選んでしまうというわけです。

さっそく、アポの交渉を仕掛けます。貯金もほとんどない状態で衝動的に家出してしまったせいで「豚の餌でも食べようか」というくらいに困り果てていたらしいUさんからの返事はもちろんOK。

Uさんがいるという甲府駅北口のクリスタルアースの前に向かいますと、年の頃は三十歳前後といったところでしょうか、喧嘩の勢いで急いで飛び出してきたからか、口紅の塗りや髪の毛などがやや乱れている印象の女性が、紫色に発光する水晶のモニュメントを眺めるでもなく、虚空に眼をやりながらベンチに座っておりました。間違いありません、神待ち女性のUさんです。

「神」としてはにやけが止まらなくなるような「神待ち女性」特有の禍々しいオーラは、ぶどうをモチーフにした水晶よりも妖しく鈍い紫色の光を全身から放っているようでありました。

神待ち女性のUさんと合流し、「十四番目の月」に移動して、信玄豚のベーコンをつまみに甲府のワインを味わいながら事情を伺います。ぼそぼそとしゃべるようであって話が聞き取れないことが多かったUさんも、ワインでほろ酔いになることで少しずつ心をひらいてくれたのか、段々と闊達な喋り方へと変化していきました。

この神待ち女性のUさんは、父親の庇護のもと、美味しいものをたらふく食べ、欲しいものはなんでも手に入れ、放蕩の限りを尽くした末に財産を使い果たし、実家に出戻りした放蕩娘なのではないか、と想像されたのですが、実際にお会いしてみてお話をうかがったところ、私の勝手な予想は、当たらずといえども遠からず、といったところです。

「放蕩息子のたとえ話」と「放蕩神待ち娘のリアル話」が決定的に違うところは、「父」が放蕩の限りを尽くして返ってきた娘に対して思ったより厳しかった、厚遇を受けるどころではなくメチャクチャな喧嘩をした、ということでしょうか。

しかし、「父」というのは何も「実父」だけを指す言葉ではありません。「父」が「父」としての役割を果たしてくれないのであれば、いよいよ「神」という「父」の登場というわけです。

こうなると、ひとりの「神」として、「放蕩神待ち娘」のために、美味しい食事をたらふく食べさせたあとは、居心地の良いラブホテルを用意し、セックスの祝宴でもって性のよろこびをこれでもかというほど与え、全面的に祝福してあげなければ、という使命感にかられてしまいます。

Uさんの放蕩セックス修行によって得られたフェラチオテクに驚愕

Uさんの放蕩セックス修行によって得られたフェラチオテクに驚愕

さて、食後は駅前でタクシーを拾って笛吹市方面に移動し、「マニスホテル」へとしけこみます。

放蕩神待ち娘のUさんのために岩盤浴と露天風呂がついたロイヤルスイートの部屋を選んであげたいのはヤマヤマだったのですがあいにく部屋があいておらず、やむなくジュニアスイートの部屋へ。ロイヤルにはやや劣りますが、天蓋付きのお姫様ベッドが完備された部屋は、放蕩神待ち娘を性的に甘やかす場所としては充分すぎる設備といってよいでしょう。

着衣状態で透かし見ていた段階からあまり肉付きのよいタイプではないな、と思っていたのですが、衣服を脱いだ裸身のUさんは、贅肉が削ぎ落とされていて、やや骨ばっているようにさえ感じられる肉体をしておりました。

放蕩神待ち娘として放蕩の限りを尽くした飽食の時代に過剰に摂取したであろうカロリーはすべて失われてしまったのか、それとも、もともと太りにくい体質なのかはわかりません。

見た目の骨ばった印象と反してお尻などの触り心地は思ったより弾力があり、なにより、肌質がシルクにも似た感触だったのが良かったですね。

もしかするとAカップもないのではないか、というあまりにも平坦な胸は、少年的な雰囲気を彼女にまとわせることにもなり、少年愛じみた感情が芽生えてきそうにもなりましたが、その平坦な胸の上で、彼女のぷっくりとした葡萄の果実のような乳首はひときわ女性的であり、興奮をそそります。

手のひらで乳房の柔らかさを堪能することはできなかったのですが、彼女のアーリースチューベン乳首を口に含み、舌をはわせますと、皮膚の内側からにじみ出てくる女体の濃ゆい味が実感されました。

Uさんの場合は、女体の肉感に積極的にむしゃぶりつく攻めのセックスではなく、彼女の豊穣なセックステクニックを受け身で堪能する、というようなセックスを選択することになりました。

Uさんはフェラチオが抜群にうまく、彼女の口のなかで勃起した陰茎が「コリ…コリ…」という音をたてるようであり、なにか、存在しない陰茎の「関節」を外されては接続させられるというような独自の感覚を与えられ、「なんだこれは!」と身悶えさせられました。

これほどのフェラチオテクニックがあれば、家出をしたあとも、フェラチオ一本で生計を立てていくことが可能なのでは、と思われましたが、さすがに「君はフェラチオだけで食っていけるよ」などと助言することはしませんでした。

フェラチオのお礼に、自分もクンニリングスで返答です。普段から飴玉を口のなかで転がしつづけ、舌を自由自在に動かすためのクンニリングス・トレーニング、クンニリングス臨戦態勢をつねに欠かさない私は、前田光世方式で路上でセックスリアルバウトに突入した女性を相手にした場合も、即座にクンニリングスの体勢をとって相手をイカせられる自信があります。

ですから、フェラチオマウントポジションで完全に優位にたっていたUさんの体勢を一気にひっくり返し、クンニリングスマウントポジションでもってUさんの陰核を舌で刺激しはじめると、攻勢は逆転、Uさんは両手が自由であるにもかかわらず、手も足も出ず、出るものといえば喘ぎ声と愛液のみ、為す術もないままに私にイカされつづけることになりました。

クンニによる連続KOによってすでに息も絶え絶えだったUさんには申し訳なかったのですが、とどめといわんばかりに陰茎も挿入。

ところが、死体蹴りのそしりをうけてしまいそうなピストン運動を開始したところ、Uさんは、というと、マ○コにたいする刺激でその生気を取り戻すようであり、「もうイケない…」というさっきまでの憔悴しきった顔は擬態でしかなかったのか、というような腰のふりを見せてくれました。

底知れぬ性欲と体力を持て余した神待ち放蕩娘Uさんとのセックスは際限なく続けられ、射精につぐ射精で精巣がすっからかんになり、刀折れ矢尽きるといった状態になる朝方までそのペースを落とすことはありませんでした。

セックスしたらすっきりしたのか、ラブホテルを出たあとは「父親と和解してみる」とのことで、あっさりお別れ。しかし、まあ、身に染み付いた放蕩生活による精神性から、また父親との対立は避けられないでしょうから、そのときはまた「神」として一発ヤラせていただきたいと考えている所存でございます。

甲府の神待ち掲示板で風よりも疾い即アポに成功

いずれは甲信越すべての神待ち掲示板を制覇しなければならないと考えている、神待ち掲示板における武田信玄を目指す私ではあるのですが、現在のところ山梨県ひとつとってもその平定の不可能性に唖然とするばかりであります。

次から次へと登場する神待ち女性、および、神待ち女性とのセックスを前にすると、山梨の神待ち掲示板から一歩も出ることなく一生を終えてしまうのではないか、という懸念にかられるわけで、それほど、山梨の神待ち掲示板は充実しているのです。

山梨で神待ち掲示板を利用する「神」であれば「故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、難知如陰、不動如山、動如雷霆」という「風林火山」の原文の刺青を陰茎に旗印として彫るのもアリでしょう。

神待ち女性のKちゃん

親族の揉め事続きでうんざり。しばらく家出しようと思います。

しかし、現代の性の戦場である神待ち掲示板においては「山のごとく」動かなかった場合、セックスにたどりつくことはまず絶対にできませんから、「不動如山」の箇所だけは削ったほうがよいのかもしれません。

このような神待ち女性からの書き込みを見ながら「不動如山」などといって山のごとく悠然と構え、動かないでただひたすらに待ち続けていた場合、セックスチャンスを目の前にしながらみすみす逃す単なる愚か者でしかないわけで、「セックスの軍神」という見果てぬ夢から自ら遠のいていくことにもなります。

「山のごとく動かない」という態度については、性交渉に成功してからのベッド上で受け身のセックスをする際に選択するくらいがちょうどいいでしょう。

それはさておき、神待ち女性への即アポでございます。「風林火山」から「山」を抜いた抜かりない姿勢で、すばやく、ひそやかにかつ確かに徐々に、しかし激しく燃え盛るようにして出会いの交渉をしかければ、脳天に雷が直撃するがごとき快楽が与えられる圧倒的セックスの機会はもはや目前です。

とはいえ、あからさまな性交渉は神待ち女性を警戒させることにもなりますから、交渉一通目からの「侵掠如火」の姿勢は悪手であるといえるでしょう。

神待ち女性への出会い交渉の初期段階は、あくまで風のように疾く、そして、林のごとく、しずかに虎視眈々と戦略的に狙うものなのであります。「侵掠如火」の姿勢は、「イケる!ヤレる!」という確信が出るまでは封印しておくのがベターでしょう。

「難知如陰」、つまり「自分の機密は極力隠す」という姿勢で、変態・異常性欲、「神」としての下品さなどをひた隠しにしながら、紳士的な姿勢を装い、相手の神待ち女性に「この『神』になら会ってもいいかな?」と思わせる交渉術が何よりも重要になってきます。

神待ち女性のKちゃんに対しても、山梨県内のたくさんの「神」からのアプローチがあったのではないかと想像されますが、セックスから逆算した戦略的即アポが功を奏したのか、群雄割拠する「神」たちのなかから一気に頭角をあらわし、出会いの軍配をあげたのは、やはり私だったのです。

甲府駅南口にある武田信玄像の前にいます、というKちゃんからの連絡も、きたるべきセックスに備えて、信玄公から戦意が煽られているようではありませんか。

甲府駅南口の信玄像の前に向かいますと、さすがに待ち合わせスポットだけあって、なかなかの人だかり。一体、どの女性が神待ちのKちゃんなのか、見ただけでは判断できません。

信玄像の前についたことと、こちらのファッションの特徴などをKちゃんに連絡しますと、ややあって、熱心にスマホを見ていた顔をふとあげてあたりを見渡す女性がおり、それが神待ちのKちゃんでした。

Kちゃんは清潔感のある白を基調にしたコーデがよく似合うボブヘアーの小柄な女性で、一時的な家出、ということもあり、神待ち女性特有の疲れ切った雰囲気などはありませんでした。待ち合わせ場所にいた女性のなかで、もっとも神待ち指数が低い見た目だった、といってもおそらく過言ではありません。

昭和の雰囲気が残る古いお店が好き、ということで「龍巻軒」へと向かいました。少し並びましたが、内装も外装もKちゃんの昭和趣味を満たしたようで一安心です。

見た目の清楚な雰囲気とは違ってKちゃんはなかなか豪快な飲みっぷりの女の子で、もつ焼きをつつきながらビールをごくごくと飲み干して上機嫌になっていく姿は、おやじ女子という言葉を通り越して、山賊のようでさえありました。

酒豪である以上に性豪だったKちゃんと川中島のセックスを開戦

酒豪である以上に性豪だったKちゃんと川中島のセックスを開戦

飲んでいる間は、親族間の揉め事の愚痴につぐ愚痴です。もちろん、プライベートの核心にふれるような情報は避けながらの愚痴ではありましたが、私は天性の聞き上手のみに可能な絶妙なタイミングの頷き&相槌&お酌の連続で、Kちゃんを気持ちよくしゃべらせ、愚痴をどんどんエスカレートさせることに成功させます。

一通りしゃべってスッキリし、酔いで頬も上気するようであったKちゃんは、気がつくと武装解除されているような状態に見えましたから、性交渉もうまくいきそうに思われましたが、ここで最後の我慢です。

私も酒豪ですから「もう一軒いきましょう!」と提案して、甲府駅前の「山内農場」に移動し、Kちゃんに改めておごりまくり、「ラブホテルに泊まるしかない」という流れを自然に作ることに執心しました。

店を出たのは午前二時過ぎ。「夜風が気持ちいいねー」なんて言いながら何気なく甲府市内を散歩する足取りは着実にラブホテル「NONAME」に向かっていたのですが、その気配はKちゃんには一切悟られることはありません。

さりげなく目と鼻の先にある武田信玄公の墓の前を通ったりしつつ「NONAME」に到着すると、Kちゃんもまんざらではない様子で、抵抗もなくスルリと入室に成功。

性交渉なしでラブホテルにイン。これは、セックスにおける事実上の無血開城といっていいでしょう。

へべれけの状態にあるKちゃんとセックスできるだろうか、入室と同時にベッドで大の字になって寝落ちするのではないか、と少し不安になりましたが、その不安は杞憂でしかありませんでした。なんと、Kちゃんは酒豪である以上に、性豪でもあったのです。

「不動如山」の姿勢はベッド上で行えばいい、と書きましたが、Kちゃんとのセックスの序盤は、まさに山のごとく動かない私を蹂躙するような展開になりました。まずは、Kちゃんの全身リップとディープキスになされるがままでした。

Kちゃんの舌の湿り気が触れるたびに快楽のゲージが溜まっていくようだった私のペニスは、少しずつ、むくむくと隆起していき、やがて「ギンギンの勃起」という状態になったのですが、その勃起のピークを見た途端、Kちゃんが私の上にまたがって騎乗位の姿勢をとり、激しく腰を上下させはじめます。

しばらくはKちゃんになされるがままの私も、闘争心をかきたてられまして、下から激しくつきながら性のイニシアチブを奪取し、騎乗位のままスックと立ち上がってKちゃんを抱きかかえる駅弁ファックへと移行。ズパン!ズパン!とKちゃんの太ももやお尻と私の身体が衝突する音がホテル内を振動させるように反響し、その音にKちゃんの喘ぎ声が重なります。

駅弁ファックをしながらKちゃんのこぶりながらハリのある乳房にむしゃぶりつきながら、このおっぱいにきなこをまぶして黒蜜をかける人間信玄餅を味わいたいものだ、などと考えながら、ピストンと乳房への口撃はますます過激化してきます。火の如く激しく攻めたてるのはこの瞬間をおいて他にはなかったでしょう。

エクスタシーと同時に勝鬨をあげるような嬌声をあげたKちゃんは、しばらく私の腰のうえでガクガクと痙攣するようであったのですが、わずかな虚脱が終わると、眼がすわるようになり、駅弁スタイルからすべりおりてひざまずき、私のペニスをくわえこみます。

この息をつかせぬ攻防によって、ホテルの一室は一気に川中島のセックスといったバトルフィールドに変貌し、長時間にわたる泥沼セックス状態へと移行していくことになりました。

私がイカされると、今度は私がKちゃんをイカし、というイカせあいは、ついに決着を迎えることなく、ほぼイーブンの状態で朝を迎えました。Kちゃんの家出のきっかけとなった親族同士の争いも、これほど激しいものではなかったのではないか、と思われました。

酒と性の相性においてすっかり意気投合したKちゃんとは、翌日以降も自宅に泊めるなどして親交を深めることになりました。家の揉め事があるかぎり帰りたくないらしいし、このままだとお付き合いすることになって、甲信越を制覇する前にどうも「神」を引退することになりそうです。

神待ち掲示板では山梨の女性たちが神を探している

神待ち掲示板を使ってみると次第に明らかになってくるのですが、山梨で神待ちをしている女性の数は想像以上に多いと言わざるを得ません。

山梨の神待ち女性たちは、神待ち掲示板で神の登場をひたすら待ちわびているのです。

傾向としては、「神待ち女性」の数に比して「神」である男性の供給が足りない状況が続いているようにも感じられます。

山梨の神待ち掲示板を使う神待ちの女性たちを放っておくわけにはいきません。

一人の男性であるという前に「神待ち女性」の「神」である私たちは、率先して神待ち女性にアプローチをしかけて、彼女たちに救いの手を差し伸べるべきなのではないでしょうか。

山梨の神待ち掲示板をさまよう神待ち女性と出会って「神」になるタイミングは今をおいて他にはないかもしれません。

神待ち女性と泊まりたい山梨のラブホテル

山梨の神待ち掲示板で神待ち女性と出会った場合、自宅に泊めるというのもアリなのですが、個人情報漏洩や盗難被害などの危険性を考えると、ラブホテルを利用するに越したことはありません。

山梨市や甲府市で神待ち掲示板を使うにあたって、ちょっとばかり困ってしまうのがラブホテル選びです。

というのも、山梨市や甲府市というのはあまりラブホテルが多くない地域なのです。

山梨県で最もラブホテルが充実しているのは笛吹市ですから、山梨県で神待ち女性とセックスするためには、笛吹市まで車で移動するのがベストということになるでしょう。

とはいえ、山梨市はさておき、甲府市には何軒か利用できるラブホテルがありますから、車移動ができない人間であっても神待ちは不可能ではありません。

甲府市で利用できるラブホテルは、“NONAME”、“ホテル南の風風力3甲府”、“ホテルスウィート”、“Cream”あたりに絞られてくるでしょうか。これらのホテルは、金土・祝日前などの利用が1万円を超えてしまう、というあまりありがたくない共通点を持っていますから、利用の際には注意が必要でしょう。

笛吹市に移動すれば、ラブホテルの状況はだいぶよくなります。

まずは“ホテルシャンティ”ですが、ここが、山梨県の神待ち女性とセックスするための主戦場となりうるラブホテルであることは疑いようがありません。

「日~木・祝」は全部屋4280円均一、「金曜」は4880円均一、「土・休前日」でさえも6880円という宿泊費の設定は、甲府市近辺のラブホテル事情を知ったあとでは楽園のような価格設定であると言わざるを得ません。

“HOTEL ELDIA 山梨店”もなかなか魅力的なラブホテルなのではないかと思われます。部屋によっては1万円を超えるものもあるのですが、最安値の5290円が用意されている以上、捨てがたいラブホテルであることは間違いないでしょう。深夜宿泊プランを用意すれば、「土・祝前」であっても8530円で済ますことができます。

宿泊費の安さだけに眼を向けるのであれば、“ホテル花”というラブホテルも決して無視できないお得な料金設定をしています。曜日に関係なく5000円から利用できるということを考えると、神待ち女性を連れ込むのはココがベストなのかもしれないと思わされることがあります。

甲府市や山梨市からはだいぶ移動することになりますが“ホテルNIZI”も「金・土・祝前日」が5800円であることを考えると使いやすいのではないでしょうか。

中部, 山梨

Posted by admin