石川の神待ち掲示板で「神」になろう

2018年10月22日

石川の神待ち掲示板で「神」になろう

石川の神待ち掲示板に、神待ちの女性が続々と集まっているのをご存知でしょうか。

神待ちが「神待ち少女」だけを指す言葉ではなくなり、むしろ18歳以上の「大人の神待ち女性」のことを指す言葉になって以来、神待ち掲示板を利用する「神待ちの女性」の数は増加の一途をたどっているといっても過言ではないでしょう。

何らかの事情によって家がなくなってしまい泊まる場所がない女性、一時的な「家出」などで一夜の宿を探している女性などが、神待ち掲示板で神待ちをするという行為は今後もなくなることはないでしょうし、それは石川の神待ち掲示板においても例外ではありません。

むしろ、例外どころではなく、石川の神待ち掲示板は、神待ち女性たちのホットスポットにさえなりつつあると言うことができるかもしれません。

石川の神待ち掲示板では、神待ち女性たちが「神」の登場をいまかいまかと待ち構えている状況が続いていますから、このチャンスを逃すという手はありません。

石川の神待ち掲示板を使って、いますぐ神待ち女性の「神」になりましょう。

金沢の神待ち掲示板で直感的に即アポを仕掛ける

金沢の神待ち掲示板の神待ち女性とセックスを繰り返す日々のなかで、鈴木大拙の「禅(ZEN)」の思想に出会うことになりました。

神待ち掲示板、神待ち女性、「神」というあり方、そしてセックス。そのすべてが「禅」の精神とは相反するものであることは明らかです。そんな私が、なぜ、「禅」なのか。

神待ち掲示板を利用する「神」と「禅」という相反する活動をなんとか両立することはできないものか、と考えながら「禅」について調べているうちに、ふいに、ナム・ジュン・パイクの「TV禅」や「TV仏陀」という作品と出会うことになりました。

テレビの前で座禅を組む仏陀の像に私は強い衝撃を受けることになりました。そして、私は短絡的にもこう考えてしまったのです、「私も、神待ち掲示板の前に座る仏陀になれないものか」と。

この馬鹿げた思いつきに対しては、「おそらく、神待ち掲示板を通して仏陀に近づくことはないだろう」とみずから即答することになりました。しかし、「神待ち禅」という「悟り」に少しでも挑戦してみなければ何も始まりません。「できない」ということを、たえず問いかけのなかで考えながら知っていくプロセスが何よりも重要なのです。

神待ち女性のSちゃん

ムシャクシャする!今日は絶対帰らない!

「神待ち掲示板を利用する」という行為を「禁欲をこばみ、ありふれた道徳を疑い、自己を追求して真理を問い続ける姿勢」とでもとらえれば、仏陀に一歩近づいているといえなくもないでしょう。

それに、神待ち女性という存在は、「無明」と「業」の中に置かれている存在である、ともいえないでしょうか。

神待ち掲示板を利用する「神」は、この無明と業の中にある神待ち女性に手を差し伸べるという最初の一歩から、「禅」にとっての出発点でもあり最終到達地点のひとつでもある「愛」の地点へと、知らず知らずのうちに近づいているのかもしれません。

また、セックスできそうな神待ち女性に出会いの交渉をしかけるとき、神待ち掲示板を利用する「神」が、「論理的思考」に先行して「直観的把握」をもとにして動き始めている、ということも忘れてはならないでしょう。

さて、金沢市内の神待ち女性の書き込みであふれかえる神待ち掲示板が表示されているモニターの前で座禅を組んで沈思黙考していた(チ○ポのほうはもっこりしてしましたが……)私は、この神待ち女性のSちゃんの書き込みを見た瞬間、なにか直感的なものが働き、即座にアポをしかけることになりました。

直感が直感である以上、「なんとなくイケそう、ヤレそう」というような説明をすることしかできないのが非常にもどかしいのですが、私の「神」としての直感的把握は、論理的な判断や熟慮を超えて、この癇癪に身を任せて神待ち掲示板に書き込みをしたSちゃんとの出会いの交渉をスムーズに成功させることになりました。

出会いの交渉成立となれば、瞑想をしている場合ではありません。座禅によってしびれている足が回復する時間が待ちきれない、というほどに膨れ上がったセックスへの期待に突き動かされるかたちで性急に立ち上がり、身支度を整え、待ち合わせ場所の金沢駅へと向かいます。

待ち合わせ場所の金沢駅に到着し、巨大な門に接近しながら「私のペニスがあの鼓門のような構造であったならば、挿入時に女性器に与える刺激がまるで違ったものになるのではないか」などとくだらないことを考えて「禅」の極意からまた遠ざかっておりますと、鼓門の手前にある雪吊りの針葉樹のベンチに、神待ち女性のSちゃんと思われる女性が座っている姿が眼に止まりました。

ショートボブの外ハネの整ったヘアスタイル、清潔感と落ち着きが感じられる上品な黒ニットの装い、少ない手荷物などを見るに、何日も放浪生活をして疲れ切っているタイプの神待ち女性といった感じではありません。

神待ち掲示板でやりとりをした「神」であるとことを告げて挨拶をしたときの応対なども朗らかで気持ちの良いもので、書き込みにあったような「ムシャクシャ」したSちゃんはそこにはいませんでした。

合流後は「廻る富山湾すし玉」に移動して、お寿司をいただきながらSちゃんのお話をうかがいます。Sちゃんが今回神待ち女性となった理由は親との喧嘩とのことでした。

お話を伺っていると、だいぶ保守的なご両親らしく、交際している男友達との関係を口うるさく問いただしてくることにいよいよ我慢がならず、ブチギレるような状態になって家出したSちゃんは、親へのあてつけで、見ず知らずの男と行きずりのセックスでもしてやろうかと決断、神待ち掲示板にアクセスして例の書き込みをした、とのことでした。私の直感的判断であるところの「ヤレそう」というのはどうやら間違いではなかったようです。

相手は誰でもよかったんだけど、話した感じも見た目もまともそうな「神」だったのでひとまず安心、という平均点以上の評価を得たことで、私としてもホッと安堵することしきりでございます。

とはいえ、ご両親、特に父親が、俗世の男たちをいたずらに魅了してやまない美貌を持つSちゃんのことでやきもきしてしまうのは仕方ないことでしょう。Sちゃんのルックスに惹かれて悪い虫がたくさん寄ってくるのではないか、という父親の懸念は当然なのですし、実際、悪い虫はたくさん寄ってきているのですから。

その悪い虫のうちの一人が私であることは言うまでもありません。「にぎり」を口に運んで咀嚼するSちゃんの顔を見ながらポーッと「無」の状態になっている私の肩口が突如つかまれ、わけもわからないままいきなりぶん殴られる、というような事件がもし起こったとして、そのとき、私をいきなり殴ってくる相手は、Sちゃんの父親以外には考えられないでしょう。

性欲が強すぎるSちゃんの性の振れ幅がすごかった

性欲が強すぎるSちゃんの性の振れ幅がすごかった

それにしてもあてつけでいきなりセックスというのはなかなかすごい、と、書き込みの感想を素直に伝えますと、Sちゃんは、最初は少し恥じらいながら、しかし、次第に豪快に、自分の性欲の強さを大胆に告白してくれたのでした。

「幼少期から父親に厳しく育てられたことは反動としてあるとは思うんだけど」という前置きのあと、早すぎる性の目覚めや、性の目覚めから現在にいたるまでのオナニー遍歴などを滔々と語り始めたSちゃんの、よどみなく延々と続くような性の話には、さすがに私も圧倒されました。

机の角や自転車のサドル、強めのシャワーなどから始まった初期のオナニーと、そのオナニーによってもたらされた快楽の瞬間の情景描写などは、それぞれ微に入り細を穿つ周到な語り口で届けられたのであって、Sちゃんがおよそ「性」からは程遠そうな清楚な美人の見た目であることも相まって、勃起不可避です。

年を重ねるごとに過激化の一途をたどる彼女のオナニーエピソードトークの進行とともに、勃起による前屈みがどんどん進行していった私は、テーブルと上半身が水平状態で密着するのではないか、というような姿勢を余儀なくされるほどでした。

媚薬を飲まされた女性の陰部からあふれでる愛液のようにとどまることを知らないSちゃんの猥談は、だんだんと飲食店でできる範囲を超えてきていました。

Sちゃんが「ローションまみれにしたズッキーニを指でつまみ、ローションでてかるズッキーニにひとしきり陶酔したあと、鏡にうつした私のアヌスのなかにゆっくりとそのズッキーニを侵入させていく、そのとき、私の左手は私の頸部にあてがわれていて、気道をゆっくりと時間をかけて締めつけていく、酸素が薄れて微かに痙攣する私の脳裏に浮かんでくるのは…」と語り始めたのを制して、あわてて会計を済ませて店を出て、急いでラブホテルに向かうことにしました。

「プラザサンタモニカ」に向かう道中も、日本酒で酔っ払ったこともあって、Sちゃんの性的モノローグはとどまることを知りません。上機嫌に「撮影したSLの動画を鑑賞しながらのオナニー。蒸気機関のシリンダーのピストンと、車輪の回転運動のメタリックな質感の反復によって、私のヴァギナはとうとう黒煙を吐き出すような始末であり…」などとまくしたてているSちゃんをラブホテルの室内へと隔離するようにして入室します。もはや「神待ち禅」かどうかを考えている余裕は私にはありません。

しかし、ホテルに入ってからしばらくのあいだ「女性器の前で座禅を組む仏陀」といった状態であったことは確かです。というのも、セックスに突入するよりも先に、Sちゃんは、私にオナニーを見せつける快楽に耽溺しはじめたからです。

神待ち掲示板で出会った神待ち女性の、壮絶な淫語オナニーを座禅の姿勢でボンヤリと鑑賞しているうちに、私の意識は空間全体に溶け広がっていくような拡張状態に突入していたと思います。乳房や女性器をまさぐるSちゃんの指の動きの複雑さと淫語のヴァリエーションはプレイ時間の進行とともに過激化していきましたが、彼女の卑猥な言葉や喘ぎの痴態はだんだんと具体的には知覚できないようになり、「性」そのものと同一化していくようであったと思います。

どのくらいの時間、Sちゃんが淫語オナニーをして、私が性の没我状態に陥っていたのかはわかりません。ホテルの室内を刺し貫くようなSちゃんのエクスタシーの絶叫によってハッと意識を取り戻したとき、フルボッキで座禅を組んでいた私の陰茎は、ドクン、ドクン、と脈動しながらのノーハンド連続射精をしておりました。

みずからの長年に渡って鍛え上げられた至高のオナニーによって息絶え絶えだったSちゃんは、仏じみた半目の状態で連続射精を繰り広げる私を見ながら、うすい微笑みを浮かべました。あの瞬間、私とSちゃんは「悟り」を体験していたのでしょうか。

しかし「悟り」というのは、あっという間に過ぎ去るものであり、一度悟ったからといって生涯にわたって定着してくれるものではありません。「悟り」の状態には、何度でも到達しなければならない、そう「悟りつづける」必要があるのです。

そのことは了解ずみであるといった私とSちゃんは、それぞれの絶頂から目覚めたあとは、お互いの身体を絡み合わせながらほぼ無言のうちにセックスをしまくりました。

真にアブノーマルであるからこそノーマルな性の快楽も知っている、と言わんばかりのSちゃんはあれほど変態的で饒舌だった口をつぐんで、肉体から得られる感覚のすべてを微細に感じ取るようなノーマルなセックスを全身で楽しんだものでした。そんなSちゃんに導かれるようにして、「中道中の中道」といわざるを得ない何の変哲もないノーマルなセックスから汲み取れる快楽が普段以上に強く、繊細に感じられたのが印象的でしたね。

そうか、こんな「普通のセックス」こそが最も気持ちいいのか、という感覚が背骨を刺し貫くように私を震えさせたとき、私のなかで何か問われることになり、そして、一つの答えが出かけたのは確かです。その答えは、やがて「膣内射精」というかたちで、Sちゃんのなかに放たれることになりました。

その「問い」への「答え」を肯定するでもなく否定するでもなく、ただ受け入れるSちゃんを見ていると、なるほど、これがもしかすると「神待ち禅」でもあるか、というような考えが芽生えてきそうにもなったものです。

とはいえ、今回のSちゃんのケースだけで神待ち禅のヴィジョンをつかんだ、などと考えるのは早計です。これからも金沢の神待ち掲示板を利用しながらの思考と実践をやめるわけにはいかないでしょう。「神待ち禅」の探求は終生終わらないのです。

神待ちの夢を見て金沢の神待ち掲示板の記憶が蘇る

金沢の神待ち掲示板は、曇り空の日本海の灰色の面をなまめかしく光らせるようであったのだし、私は神待ち女性の卵巣に錆びた針を差し込み、空との境界を失って鉛の壁じみている「海としての神待ち掲示板」の海底に神待ち女性を沈める。その夢から目覚めると、私に襲いかかってきたのは下半身を生暖かく濡らす不快な湿り気の感触であった。

この夢は金沢市内で「神」になってから折に触れて何度か見ている夢ではあったが、いよいよ寝覚めに下着を濡らすほどの性的な力を発揮するほどに成長したか、と苦笑しながら、股間の不快な湿りを拭うでもなく神待ち掲示板を開く。

すでに精を放っているのだから、しばらくは萎縮していてもよさそうなものなのだが、「神待ち」という言葉が頭をよぎるだけで陰茎は再び隆起するのであって、われながら呆れてしまう。

このように活気に満ちた陰茎は、気力のない自分とは別の部分として動いているようにさえ思われるのだが、陰茎が私の身体の一部分であることは間違いなく、私は陰茎に突き動かされるままに神待ち掲示板にアクセスするという寝覚めの行動をとっているのだから、情けない限りである。

神待ち女性のYさん

すでに死んでいるような身ですが、このままでは凍え死んでしまいます

寝覚めに神待ち掲示板の書き込みをチェックしながら、神待ち掲示板を久しく開いていなかったことに気付かされた。

今年の冬、金沢は記録的な豪雪に見舞われることになった。私は雪下ろしなどに忙殺されており、あまり神待ち掲示板に意識を払うことができなかったのだった。

しかし、あの豪雪の季節にこそ私はすすんで神待ち掲示板を開くべきだったのではないか。あの厳しい季節、神待ち掲示板には救いの手を求めていた神待ち女性が数多く存在していたのではないか。私は彼女たちを見捨てたことになるのだろうか。「神」といえども、自分の生命維持を優先してしまったということだろうか。

私の股間の湿り気はパンツの布に染み渡ってから次第に乾きはじめていた。神待ち掲示板を検索する手をとめてひとまずシャワーを浴びることにする。

精液を洗いながし、新しい下着に履き替えたあと、日課となっている朝の散歩をし帰宅後は読書に集中しようと思ったのだが、どうにも身が入らない。部屋は静まり返っていたが、その部屋の沈黙の端々には、豪雪で助けられなかった神待ち女性たちの声が充満していたか。

助けそこねた。いや、そうではなかったはずだ。確かに、私は眼の前を白で塗りつぶす雪の壁の間を歩きながら神待ち女性を迎えにいったはずだった。

夢精をぬぐいさってまるめられたティッシュと精液の「白」が、ふいに、忘れ去られていた「神待ち」の記憶を私によみがえらせる。明け方の夢は、あのときの神待ち女性との体験を私に思い出させようとしていたのか。

そう、確かに神待ち女性からのSOSだった。「すでに死んでいるような身」という彼女の一文が、書き言葉でありながら私の耳に響きとして強く残った。あの響きを、私に交渉を決意させたあの「声」を、いまや、はっきりと思い出そうとしている。

屋根を押しつぶすかのような雪を路上へおろしおえた私は、心地よい疲労感とともに暖房にあたり、「この雪はいつまで降り続けるのだろうか」と考えながら、ふと神待ち掲示板を開いたのだった。

一人の女性が雪の下に埋められてその白のなかに消滅していく。その消滅の寸前に、谺のように聞こえてきたかすかな呼び声であったか、と今では思われる。車を出すことはできない。神待ち女性のYさんがいるという金沢駅までも徒歩での移動が余儀なくされた。

雪下ろしによって道路の両脇には白の丘や壁ができていた。白の壁の中にバスがまるごと一体埋まっていることもあり、唐突にあらわれる壁の「段差」に驚かされもした。このような豪雪の渦中に神待ち女性であるということの心細さは、想像を絶していると言わなければならない。大迷路のようになった白の壁の路のなかで、「神」とても無力なのではないか、と打ちのめされる。

Yさんとのセックスの記憶は白く濁りながら遠のいていった

Yさんとのセックスの記憶は白く濁りながら遠のいていった

金沢駅に到着すると、駅前といえども人の姿はあまり見えない。Yさんも、すでに私を待つことを止めて白のなかにふらりと消え去ってしまったかもしれない。すでに死んでいるような身ですから、という、まだ会ってもいないYさんの声を、吹きすさぶ雪の粒子として聞き取るような感覚があった。

しかし、Yさんは消え去ってはいなかった。駅の改札の前で、ジッと一点を見つめて幽鬼のように立ち尽くすYさんの姿がそこにはあった。もう何日にも渡って神待ち女性をしていたわけではない、ということは、彼女が手ぶらであることから明らかであった。おそらく、何らかの事情で家を失ったのは今朝の未明かと思われる。

それは、恋人や夫、家族などとの諍いの結果なのか、それとも、貧困による退去なのかはわからない。追い出されたのだとすれば、何もこんな豪雪の季節にそんな酷いことをしなくても、と思わされるし、追い出されたのではなく自分の意思で「家出」をしたのであれば、なぜこんな豪雪のさなかに、という疑問が起こる。

しかし、合流したYさんは、いつから家を失っているのか、だとか、なぜ神待ち掲示板を使ったのか、といった理由を決して語ってはくれなかった。ただただ、深く頭をさげて、書き込みを見て豪雪のなか迎えにきた「神」の私に感謝の意を伝えること以外、何もしなかった。

むろん、彼女が完全なる無言であったというわけではない。話しかければ、相槌や返事は返ってくる。だが、それは表面を漂う声でしかなく、彼女の内側に決して踏み込ませるということがない。とはいえ、それは「拒絶」とはまったく違っていた。

雪のなか家に戻る労力を考えると、ラブホテルに泊まってしまうに越したことはなかった。「シャングリア」に一泊することになるがいいか、という問いかけに、彼女は急に生気の満ちた眼差しで応じた。

その眼光に宿っている名状しがたい感情に、私はほとんど気圧されるほどであった。彼女は、ともするとセックスをするために豪雪の中に飛び出してきたのか。そんなことも考えたが、彼女が神待ち掲示板を利用した理由を教えてくれない以上、答えが出ることはない。

「シャングリア」の暖房がきいた室内に入ると、硬直するような印象があったYさんの肉体がほんのわずかであるがほぐされる音を聞いた。それは、どこか遠くの屋根から雪が滑り落ちる音を半睡の寝床のなかでおぼろに聞くようなものではあったのだが。とはいえ、その音ならぬ音、身体がほぐれる音をきっかけに、私達の性交は始められたのだった。

白に塗りつぶされた光景の最中にいたからか、服を脱いだYさんの裸身の肌はひときわ生々しい女体の色として眼に飛び込んできたように思う。言葉少なだったYさんが、その寡黙さは保ったまま、愛撫が始まると同時に全身でさんざめくようであったのも、白の静寂を聞き続けたことに影響されていたか。

性交は滞りなく進行した。ときに、Yさんが積極的な行動をとり、私の身体を舐めまわしながら激しく陰茎を手でしごくというような場面もあったし、私は、というと、Yさんに挿入しながら様々な体位をとり、彼女の膣の内側に陰茎を擦りつける快楽で一瞬ごとに身を焼かれるようであった。

しかし、セックスの渦中で、すでに死んでいるような身ですが、というYさんの書き言葉の声がふいに耳元で囁かれるような感覚にもなったものだった。

その声を聞くまいとして、後背位で彼女をついているときなどは彼女の巻き髪の乱れや尻の感触に集中している私がいた。後背位で激しく膣をつかれて喘ぎ声をあげるYさんの眼差しが何を見据えていたのかはわからないし、私には知る由もない。すでに死んでいるような身は快楽に悶えてもいたはずだが。

性行為を終えたあとは、どちらかが言い出すでもなく、途端に他人行儀になった。私も雪おろしからずっと疲れていたし、セックスでその疲労を重ねたこともあり、急激な眠気に襲われることになった。セックスが気持ちよくなかったというわけではない。それよりも、私もYさんも眠りを必要としていたのだ。

私が目を覚ますと、Yさんはもうすでに身支度を終えて静かに端坐しており、その姿勢のよい座り姿を見た私は、だらしなく寝ていた自分が急に恥ずかしくなり、どういうわけか、Yさんに謝ってしまったのだった。Yさんは、一言「いえ」と答えるのみで、慌てて身支度を整える私のことを見るでもなく、ボンヤリと、しかし伸び切った背筋でベッドに座っていた。

ホテルを出ると、雪はすっかりやんでいた。二人してしばらく空を見上げていると、Yさんは、「お世話になりました。ありがとうございます。それでは」といって唐突に去っていった。私は、彼女に話しかける暇もなかったが、かといって、追いかける気にもならなかった。

雪の壁の間をとぼとぼと歩いていくYさんの後ろ姿を眺め、四ツ辻の角を曲がって姿が見えなくなるのを見送ったあと、私もYさんとは反対側の方向に歩き始めた。それから、というのは、その踵を返した一歩目から、ということだが、私はYさんのことを忘れていたようだ。

私の陰茎は彼女の膣内に差し込んだ錆びた針であったか、などと考えるのは、さすがに夢見心地に引きずられすぎだな、などと苦笑しつつ、回想中、眺めるでもなく眺めていた神待ち掲示板の画面を閉じた。今日は、これといって気になる神待ち女性がいなかったから、というより、書き込みを見る眼が滑るようであったからだ。

金沢にもまもなく夏がくる。豪雪の記憶など嘘だったかのように、入道雲が白い壁として立ちはだかるだろう。そのころにはまた神待ち掲示板を使っているだろうか。

神待ち掲示板では石川の女性たちが神を探している

神待ち掲示板を使ってみると次第に明らかになってくるのですが、石川で神待ちをしている女性の数は想像以上に多いと言わざるを得ません。

石川の神待ち女性たちは、神待ち掲示板で神の登場をひたすら待ちわびているのです。

傾向としては、「神待ち女性」の数に比して「神」である男性の供給が足りない状況が続いているようにも感じられます。

石川の神待ち掲示板を使う神待ちの女性たちを放っておくわけにはいきません。

一人の男性であるという前に「神待ち女性」の「神」である私たちは、率先して神待ち女性にアプローチをしかけて、彼女たちに救いの手を差し伸べるべきなのではないでしょうか。

石川の神待ち掲示板をさまよう神待ち女性と出会って「神」になるタイミングは今をおいて他にはないかもしれません。

神待ち女性と泊まりたい石川のラブホテル

石川の神待ち掲示板で神待ち女性と出会った場合、自宅に泊めるというのもアリなのですが、個人情報漏洩や盗難被害などの危険性を考えると、ラブホテルを利用するに越したことはありません。

金沢市の神待ち掲示板で神待ち女性と出会ったら、宿泊費が格安のラブホテルは、金沢駅から少し離れた場所にある傾向ですので、ラブホテルまでは車移動が便利です。

金沢市で神待ち女性とセックスする場合は、ラブホテルの雰囲気はそれほど重要ではないかもしれません。

最低限の設備と適切な宿泊費のラブホテルでの即物的なセックスこそ、神待ち女性とのセックスの醍醐味という側面も少なからずありますし、むしろ、それこそが神待ち女性とするセックスの「本来の雰囲気」かもしれません。

金沢市で使いたいのは“プラザサンタモニカ”や“ホテルメルヘン”といった系列のラブホテル。安定した使いやすさとそこそこの値段なので、神待ち女性との利用回数もおのずと増えていくのではないかと思います。

「金・土・祝日前」ではない曜日に神待ち女性と待ち合わせをしたならば、“イル・ファーロ”もなかなか使いやすく、重宝することになるでしょう。

アクセスがよく、設備もそつなくスタイリッシュ、それでいて宿泊費もそれほどかさまないのが“THE TOWER HOTEL”です。金沢市でも人気のラブホテルですので、満室であることを考慮して、第二、第三候補を準備してから向かったほうがよいですね。

金沢城公園、兼六園、金沢21世紀美術館といった金沢の観光名所の近くにあるラブホテル“フォーティ・ワン”も宿泊費が安く使いやすいラブホテルです。

神待ち女性と美術館デートをしてからホテルに入ってセックスをするのもありではないかと思います。現代美術の真髄に触れ、「見ること」への意識が研ぎ澄まされたあとに押し広げることになる神待ち女性の女性器は、見ることの不可能性を無媒介に突きつけてくるような光でもって網膜を焼き尽くすこと間違いなしです。

宿泊料金が均一で非常に使いやすいラブホテルとしては、“HOTEL 7℃+ONE”もオススメです。どの部屋も広くて落ち着いた時間を過ごすことができるでしょう。

“メモリー”は、3時間、8時間、15時間の3つのコースだけがあるラブホテルですが、15時間のコースを利用すればかなりお得に神待ち女性とセックスできます。

神待ち女性とお忍びの時間を過ごしたいのであれば“Suien”を使うとよいでしょう。誰にもバレずに神待ち女性と秘密の一夜を過ごすことができるはずです。

最後に“月世界”ですが、ここも非常に安いラブホテルです。設備などは特筆すべき点はありませんが、神待ち女性とセックスするためのホテルとしてはこのようなホテルが実はもっともよいのです。

中部, 石川

Posted by admin